探偵のお仕事ブログ

ペットショップで一目ぼれ

今回はちょっと変わった事例を紹介します。

それはペット(犬)を探して欲しいという依頼でした。

名前(仮名)は佐藤 麻耶さん。

24歳の女性で、職業はわかりません。

場所は九州の福岡でした。

そもそも、佐藤さんとは別の案件を頼まれてました。

その依頼が終わった頃に、

そういえば、こんなこともできるのかな?

と相談してきたのです。

それは、3年前、とあるペットショップで見た犬を一目ぼれしたそうで、

佐藤さんは、マンション住まいでペットを飼うことができなかったそうです。

でも忘れることはできなかったそうです。

そして、せっかくだから探してほしいと、依頼を受け、

まずそのペットショップに行き、

その犬が今どこにいるのかを聞き込みしました。

そして、山口県の方が購入した、という事が判明しました。

さっそく我々は、山口に飛びその購入者の所在地に行きました。

しかし、もうそこには住んでいなかったのです。

近所の方に聞き込みをすると、

その方はご近所付き合いをしていなかったらしく、

その後どこにいったのかはわからないというのがほとんどでした。

これから探すとなると大変でした。

料金もかかってしまいます。

そのことを佐藤さんに報告すると、

もう諦めるとの事でこの一件は幕を閉じました。

「ただもう一度見たかっただけだから、どんな成長をしているのかを。」

と言い残し、探してくれたということで納得してもらえました。

<<    >>
トップへ戻る