ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫 浮気調査事例/浮気調査から別れさせ屋工作
探偵のお仕事ブログ

浮気調査から別れさせ屋工作

夫や妻の行動がおかしいので調査をして欲しい、いわゆる浮気調査のご依頼は

数多く頂きます。

ご依頼頂くお客様皆様に証拠を得たあとはどうされるんですか?と伺いますと

感情的に離婚しますと言う方もいらっしゃれば、何かあった時のために持っておきたいという方

また、自分の思い過ごしで実際に調査したら何もなかったという答えを期待されている方

そして最も多いのは、まだ何も決めていないという方です。

本来、浮気調査とはご主人や奥様と異性が深い関係にあることを証拠として抑え、浮気相手への

慰謝料請求や、離婚を有利に進めるための材料として存在するカテゴリーです。

しかし、人間ですので浮気をされているという事実を、すぐに受け止めることができない、

証拠は抑えたけど離婚したくない、言い訳ができないような問い詰め方をして出て行かれちゃったら

どうしようなどの状況から、浮気の事実が確認できたとしてもその後の動きができないというケースが

多くなっているのです。

そして、浮気相手と別れてくれさえすれば許すという方が多いのも事実です。

そういったお客様には別れさせ屋工作をお勧めさせて頂く場合もございます。

浮気の証拠はあるが、感情的になって浮気相手への慰謝料請求や本人へ問い詰めることによって

事が大きくなり、夫婦関係を修復することが難しくなるケースが多いのです。

浮気調査を依頼される方は、まず証拠を取られてどう動かれたいのかという方向性をお決め頂くことを

お勧め致します。

まず離婚したいのか離婚したくないのかという基本的なことからお考えになって下さい。

離婚してもいいと思われているのであれば、通常の浮気調査の結果をもってスムーズな離婚が

可能だと言えます。

離婚したくないということなのであれば、証拠は証拠としてお持ちになって、相手やご自身の親御さんに

相談したり、直接浮気相手に連絡をとって追い詰めたり、本人を問い詰めたりすることによって

事態が大きくなり、夫婦関係が修復しづらい環境となってしまう為、いま何をするべきか、どういった接し方が

効果的かを考えなければならないのです。

別れさせ屋工作とは、不倫相手に異性工作員を接触させ、恋愛関係を構築し不倫相手からご主人や奥様に

別れを告げてもらうことを目指していく作業となります。

しかし不倫相手の性格によってはご主人や奥様との関係を続けながらも工作員との関係を構築するような

二股状態になるケースも多くございます。

そういった場合は、工作員と不倫相手との関係がご主人や奥様にバレてしまう状況を作り

二人の信頼関係を壊していくのです。

例えば工作員と不倫相手が一緒にいる場面を見てもらう、もしくは接触していた工作員が直接ご主人や

奥様に会って話をして関係を解消してもらうこともございます。

いずれにしても、依頼者様の関与を疑われず、不倫相手との関係が解消してくれればご家族のもとに

戻ってくれる可能性が広がるのです。

もちろん依頼者様側にも問題点がある場合もありますので、依頼者様自身もご自身を変える努力が

必須であることは言うまでもありません。

ご主人や奥様の浮気に悩まれているかたはお気軽にご相談下さい。

<<    >>
トップへ戻る