ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫の悩み解決事例/別れさせたい・彼と元の関係に戻るために|別れさせ屋工作①
探偵のお仕事ブログ

別れさせたい・彼と元の関係に戻るために|別れさせ屋工作①

木枯らし一号が吹き、一日ごとに朝晩の寒さが

厳しくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

空気が乾燥していて寒暖の差が激しく、体調管理が難しい季節ですので

お気を付けください。

・・・深夜2時過ぎ、非通知のお電話が鳴った。

しかし1コールで切れてしまうので、スタッフは出ることができない。

いたずらか・・・それとも自分の悩みを話すべきか逡巡しているのか

その数分後、また非通知のお電話が1コールで切れた。

それから1時間が経った頃、時計は午前3時を過ぎているが

また非通知のお電話がかかってきた。

今度は1コールで切れない。

スタッフが出ると、お電話をされていたのは女性だった。

聞き取りづらいほど、消え入りそうな声で、「も・・し・・も・・し・・。」と

言われたので、「はい、ミッションエージェントです。どういったご相談ですか?」と

ゆっくりとした口調で答えるスタッフ。

そこで意を決したのか、その女性は「あの・・先程から何度かお電話しまして

相談しようかどうかを迷っていたんです。いたずらみたいになってしまって

スイマセンでした。」とお話された。

スタッフはお気になさらないで下さい。と言いながら

ご相談されたい事はどういった内容ですか?と問いかけてみた。

お電話されたのは、村上なおこさん(仮名・35才・看護師)という女性で

少し躊躇いながら、お話を始めた。

「私は既婚者なんです・・実は独身男性と2年ほど不倫をしていまして、

私はいずれ夫と別れて、彼と一緒になれれば・・なんて考えていたんです。

彼も私が離婚するのを待っているって言ってくれていたので、その気になっていたんですが

先週突然彼から別れたいって言われたんです。どうして?と聞いたら好きな人が出来てしまったって

言うんです。そのお話の3日ぐらい前に、私は夫に離婚したいと話して、夫も了承してくれたのに

こんな事になって、どうしても私の中で納得できないんです。

彼が好きになってしまったっていう人は、彼と同じ会社という他はわかりませんが

何とか二人を別れさせて、彼と一緒になりたいんです。」というお話だった。

お話をされていく内に、村上さんの緊張もほぐれてきたようで、彼に対しての愚痴話が

多くなってきた。

「不倫の話なんで、誰にも相談できないで困っていたんです。こんな深夜にお電話しちゃって

すいません。でもお話したら少し気持ちが楽になりました。」と言って頂いた。

その後、直接ご面談させて頂く事となり、詳細な経緯や状況をお伺いさせて頂く事ができた。

早速、村上さんがおわかりになる範囲の対象者情報を頂いて、別れさせ屋工作を進める事となり

担当員が選定されて、事前調査のスケジュールを組む事となった。

次回、別れさせたい|別れさせ屋工作②へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る