ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫の悩み解決事例/この関係を続けるべきか・・不倫へのケジメ(1)|別れさせ屋
探偵のお仕事ブログ

この関係を続けるべきか・・不倫へのケジメ(1)|別れさせ屋

不倫関係の悩みについてのお問い合わせが

最近増えております。

不倫・・読んで字の如く、倫理的ではない関係という事であるが

倫理的ではない関係→先の見えてこない関係の継続に

不安を抱くという図式が成り立つ。

今回の依頼者は東京都にお住いの太田久美さん(仮名)

29才のOLさんである。

太田さんは同じ部署の上司(34才)との不倫関係が

3年間続いている。

彼に妻子がいる事を知りながらの交際スタートだった為

太田さん自身も、あまり深入りしないように距離感を持って

付き合うつもりであった。

だが関係が深くなるにつれ彼に対しての気持ちが

強くなっている自分に怖くなり、何度も彼に二人の関係を

終わりにしようと告げる太田さんであった。

彼は関係を終わらせようとする太田さんに対して

妻との関係は冷え切っていて、離婚の話も出ているので

俺を信じて、もう少し待ってほしい、この関係は遊びじゃなくて

将来のこともちゃんと考えているから・・・と関係を続けようとするのであった。

弊社に相談にいらっしゃったきっかけとなる事件があったのは

今から2ヶ月ほど前の事である。

同じ部署の社員達の会話の中で、彼の奥さんが2人目を

妊娠したという話が出てきたのである。

目の前が真っ暗になった太田さんは仕事帰りに

彼に問い詰めると、あっさりとその事実を認める。

「奥さんとそういう関係は全くないって言ったじゃない」

と怒る太田さんに対して、彼は

君との関係が奥さんにバレない為に一度だけ関係を

持たざるを得なかったんだよ・・こんな事になったけど

絶対に君との関係の方が大事だから、信じてくれ・・。

もう何が本当で何が嘘なのかが、わからなくなり

29才の誕生日を迎えた太田さんは真実を知りたいという思いから

弊社にいらっしゃったのである。

次回、この関係を続けるべきか・・不倫へのケジメ(2)に続く・・。

<<    >>
トップへ戻る