ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫の悩み解決事例/この関係を続けるべきか・・不倫へのケジメ(2)
探偵のお仕事ブログ

この関係を続けるべきか・・不倫へのケジメ(2)

さっそく彼が出勤した後の自宅付近にて

張り込みを開始する。

専業主婦であるはずの彼の奥さんと

3才になる息子さんが、自宅内にいるはずである。

午前10時過ぎに自宅より奥さんと息子さんが出てくる。

二人は手を繋いで、徒歩3分ほどの場所にある

公園に入っていく。

子供と砂場で楽しそうに遊んでいる奥さんは

とても幸せそうに見える・・・。

その後、近所のお母さん達と公園内で

立ち話をしながら過ごす奥さん。

お昼になり公園の脇にあるファーストフード店に

二人は入り、昼食をとる。

お店を出た二人は商店街で夕飯の買い物をした後

自宅に戻る。

時折、奥さんがお腹をさするような仕草をするのが

印象的であった。

夜になり、彼が帰宅してくると玄関の外まで

息子さんが出てきて彼に飛びつきながら出迎える。

彼のカバンを奥さんが持ち、自宅内に入っていく。

ここで1日目の調査を終了する。

次回は土日の家族の様子を調査する事となる。

朝9時過ぎに彼、奥さん、お子さんの3人は自宅を出て

マイカーに乗って出かける。

着いたのは高速に乗って1時間程の動物園である。

家族3人で手を繋ぎながら園内を歩き回っている。

お昼になり奥さんの作ったであろうお弁当を食べる家族の光景は

とても離婚話が出ている夫婦には見えない。

お子さんがウサギに触れるコーナーで遊んでいる時

彼が奥さんの頬にキスをしたり、奥さんのお腹をさすっている行動を

する。

ここまでの途中報告を太田さんにすると

「自分の目で見たいのでこれからすぐ行きます・・ガチャ」

との事であった。

1時間後、太田さんが着いたという連絡が入り

対象家族に見つからないように現場まで誘導する事となる。

家族で楽しそうにしている光景を目の当たりにした太田さんは

「嘘つき・・・」と呟いた後、彼に電話をする。

目の前の彼が電話の着信に気付き、家族から離れて電話をとる。

太田さんが「今日はどこにいるの?」と問いかけると

彼は「○○商事の××さんとゴルフに行って帰るところだよ」と

しれっと嘘発言をしたのが太田さんにとって決定的であった。

あえて彼の視界にはいる場所まで出ていき電話で話す太田さん・・

それを見つけ、遠目にも明らかにうろたえる彼をそこに残し

スタスタと動物園をあとにする太田さん。

太田さんの中で彼との別れを決断するに充分な

材料であった。

現在太田さんは仕事を辞めると共に彼との関係も終わらせ

自分探しの旅にアジア各国をまわっているそうである。

この関係を続けるべきか・・不倫へのケジメ(1)に戻る

<<    >>
トップへ戻る