ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫の悩み解決事例/不倫関係から未来があると信じたい|調査から別れさせ屋工作⑧
探偵のお仕事ブログ

不倫関係から未来があると信じたい|調査から別れさせ屋工作⑧

対象者紀子氏より「旦那にKENさんの存在がバレちゃった。」という連絡が

KENさんに入った。

紀子氏に詳細を聞いてみると、夫である大場氏の行動に不審な点があった為

追求したところ、大場氏の携帯から浮気の証拠になるようなメールが見つかったそうである。

これは依頼人菊池さんに送ったメールであると思われる。

そして大場氏のいい加減な態度に我慢できなくなった紀子氏が「あなたとの結婚生活はもう無理です。

私も幸せになりたいし、いま大事に思っている人がいるから離婚しましょう。」と言ってしまったとの

事であった。

その状況を依頼人菊池さんにご報告すると、菊池さんの方にも大場氏から「かみさんにバレた。」

という連絡が入ったそうで、彼(大場氏)は相当狼狽えていた様子であったらしい。

幸いなことに大場氏がどこの誰と不倫関係だったかということは紀子氏も深く問い詰めてこなかったので

出会い系で知り合った女性と言い訳をしたそうである。

それよりも大場氏は、浮気がバレたことよりも、妻である紀子氏が大事に思っている男がいるという事実に

驚き、狼狽えているのであった。

まさかうちのカミさんに限って・・・。という過信から、自分の行いは棚に上げてなかなか受け入れられない

大場氏であった。

紀子氏は「KENさんには迷惑かけないから安心してね。元々夫の行動を見て見ぬふりを続けてきたから

夫婦として限界だったんだと思う。」と話していた。

一旦、紀子氏は子供たちをつれて家を出て、近所にある両親が住む実家に行くこととなった。

大場氏は黙ってその姿を見送るしかなかった。

依頼人菊池さんの前では「カミさんがいなくなってせいせいした」と強がっているが

実際は奥さんの実家に出向き、帰ってきて欲しいと泣きついたことを菊池さんは知っている。

それから数週間が過ぎ、条件面の折り合いがついたので離婚が成立した。

KENさんに迷惑がかからないように離婚が成立するまでは楽器の練習はお休みにしましょうという

紀子氏の申し出を受け接触を控えていたが、無事離婚が成立したという連絡を受けて、

久しぶりに音楽スタジオに集まることとなった。

そして紀子氏、KENさん、SATOKOさんの3人で楽器の練習を行い、その後に打ち上げと称して

飲みに行くこととなった。

酔っ払った紀子氏は苗字が旧姓に戻ったんだと言って、自分の免許証を見せてきた。

KENさんは離婚しようと思ったキッカケだけど、仮に出会ってなかったとしても、

いずれは離婚していたんじゃないかな。

不信感を抱えながら、仲のいい夫婦のフリをするのも疲れちゃうしね。

と自分に言い聞かせるように話す紀子氏の表情がとても印象的であった。

KENさんは多くを語らずに、黙って紀子氏に寄り添いながら話を聞いていた。

不倫関係から未来があると信じたい|調査から別れさせ屋工作・・・終わり。

<<    >>
トップへ戻る