ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫の悩み解決事例/夫と不倫相手を別れさせたい|家族の為に別れさせ屋⑤
探偵のお仕事ブログ

夫と不倫相手を別れさせたい|家族の為に別れさせ屋⑤

依頼人三田さんは結婚して6年、3才になる娘さんがいらっしゃる。

家庭円満で幸せな生活を送れていると思っていたが、ご主人から「好きな人ができたから

離婚してほしい」と突然言われ、弊社に別れさせ屋工作をご依頼される事となった。

ご主人の言う好きな人である倉持氏に女性工作員RISAさんが接触を行い

友人関係を構築した上で聞き出した情報によると、倉持氏は不倫の関係を続けることは

イヤで、三田さんのご主人と関係を続けていく事自体に悩んでいるという事であった。

そんな倉持氏の本音を後押しするべく、RISAさんは男性陣3名との飲み会をセッティング

するのであった。

「はじめまして~。」と女性らしさを前面に出した挨拶をしながら、倉持氏が

飲み会が開催されるCAFEに入っていった。

男性陣3名は既にお店で席についており、RISAさんと倉持氏を待っている状況であった。

ここで男性工作員をご紹介

MASAさん(35才、元格闘家、RISAさんの知り合いの設定)

KENさん(34才、元ボクサー)

SAIさん(35才、元キックボクサー)という3名である。

倉持氏の好みタイプは腹筋が割れていて強そうなタイプとの事だったので

この人選となった。

ちなみに三田さんのご主人は、色白の細身で全く逆のタイプである。

RISAさんがMASAさんに「おっ久しぶりぃ、ゴメンネ急にセッティングしてもらって!」と

挨拶している間に倉持氏はKENさんの腹筋を触り始めていた。

「すご~い。」とテンションが上がっている倉持氏。

そこから飲み会がスタート、男性3名は体育会系のノリでどんどんお酒を飲んでいく。

倉持氏はその様子を楽しそうに見ている。

途中、RISAさんと一緒にトイレに行く倉持氏。

トイレに入るなり「超どストライクなんだけど、その中でもKENさんがいい感じ。」

とRISAさんに飛びつかんばかりに話す倉持氏。

「OK!じゃあKEN君との関係を応援するね。」とRISAさんが応える。

そして倉持氏の意を汲んでの後半戦、お酒が回ってきた(フリ)男性陣3名は

RISAさんと自然な雰囲気でアイコンタクトしながら、倉持氏とKENさんをくっつける

作戦を理解し、飲み会を続行する事となる。

倉持氏が「腕相撲やったら誰が一番強いの?」という質問に男性3名は

一斉に「俺が一番強い。」と手を上げ、じゃあ決着をつけようと言いながら

腕相撲大会が始まるのであった。

倉持氏はKENさんを熱い視線で見ながら「KENさん頑張ってねぇ。」と応援する。

結局、僅差(のフリ)でKENさんが優勝して倉持氏の喜び方はマックスとなる。

そしてソロソロ終電の時間となった時、倉持氏はKENさんがトイレに立った時に

一緒についていき連絡先の交換を済ませるのであった。

お店の前で男性陣、女性陣は別れ帰途につく。

帰り道倉持氏はRISAさんに「今日は本当にありがとう、無事にKENさんと連絡先の交換ができたから

頑張ってみるね。」とお礼を言ってくる・・・と同時ぐらいにKENさんから「今日は楽しかったです。よかったら

次は二人で会いませんか?」というメールが届く。

それを倉持氏は「ひゃ~、RISAさん見てメール来た。」はしゃいでいる。

その日から倉持氏とKENさんは頻繁に連絡を取り合うようになる。

この頃から倉持氏は「体調が悪い」、「実家から親が遊びに来る」などの理由をつけて

三田さんのご主人を家に入れなくなっていった。

そして同時に三田さんのご主人は段々と自宅で過ごす時間が増えていったのである。

そろそろ最終的な仕上げを行う事とする。

次回、夫と不倫相手を別れさせたい|家族の為に別れさせ屋工作⑥へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る