ホーム/探偵のお仕事BLOG/不倫の悩み解決事例/待たせ過ぎた不倫相手と新しい彼を別れさせたい|別れさせ屋工作②
探偵のお仕事ブログ

待たせ過ぎた不倫相手と新しい彼を別れさせたい|別れさせ屋工作②

依頼人新田さんは彼女との関係が破綻して以来、自営されている

お仕事に乗り切れないでいた。

彼女との関係が順調だった頃は精力的に営業を行ったり、

新しい企画やプロジェクトを立ち上げたりと自信に満ち溢れていた。

しかし、彼女がいなくなって自分を支えていた大きな存在が彼女だったということに

嫌というほど気付かされたのである。

もちろん自分のペースではあったが、誠意を持って彼女に接していたし

奥さんとの離婚も可能な限り、積極的に動いていた。

しかし、待っていた彼女にとって5年は長かったのである。

今の無気力な新田さんを見て彼女は魅力を感じることはないので

以前の様な精力的な自分に戻れるように頑張って下さい。と担当となったスタッフは

新田さんを激励するのであった。

今回の対象者は大野さえ氏(新田さんの元彼女・31才)と

藤田しんいち氏(大野氏の新しい彼氏・35才)となる。

大野氏と藤田氏は同じ会社に勤務している同僚である。

まず大野氏の行動を追って藤田氏との接点を探り、藤田氏の自宅を判明させた。

その上で藤田氏の行動パターンを見る事前調査を開始した。

大野氏と藤田氏は職場で毎日のように顔を合わせているがプライベートで

会うのは金土日曜日の三日間となる事が多かった。

ちなみに大野氏は両親と同居の実家暮らしで、藤田氏は会社の独身寮に

住んでいる。

朝6:20藤田氏が住む独身寮付近にて張り込み開始。

独身寮周辺には大きな川が流れており、河川敷の緑地をジョギングする人や

犬の散歩をしている人でこの時間も一定の人通りがあった。

独身寮は4階建て16世帯の小さいマンションタイプの建物で、

藤田氏は1階の角部屋に住んでいる。

7:10独身寮から数人の男性が出てきて駅方向に歩いていく。

年齢は20代前半から後半といった感がある。

7:35藤田氏が寮から出て駅方向へ歩いていく。

紺色のスーツに濃い茶色の革靴、同じく濃い茶色の革の鞄を持っている。

銀縁のメガネと、色が白く細身の体型を見ると神経質そうな印象を受ける。

この寮に住む男性の中では1・2を争うほどの年長者である。

ベテランらしくゆったりと歩いていく。

7:47最寄駅に到着し、勤務先方向へ向かう電車に乗車。

電車内ではスマートフォンでニュースを見ている姿が確認できる。

8:29勤務先最寄駅に到着し下車する。

8:31駅近くの立ち食いそば店に入る。

山菜そばといなり寿司を注文。

8:44そば店を出て、勤務先ビルに入って行く。

その後しばらく変化なし。

12:18藤田氏が部下らしき男性社員2名と勤務先ビルから出てくる。

12:24勤務先近くのカレー店に3名とも入店。

店内では部下らしき男性達との会話を楽しんでいる様子が確認できる。

12:51カレー店を出て勤務先ビルに入って行く。

その後、しばらく変化なし。

18:41先程藤田氏と一緒に食事をしていた男性社員2名が勤務先ビルを

出てくる。

19:31藤田氏が勤務先を出て、駅方向へ歩いていく。

19:35駅近くのラーメン店に入店。

店内では餃子をつまみに瓶ビールを飲んでいる。

その後、ラーメンを注文する。

20:20ラーメン店を出て、駅構内に入って行く。

21:11自宅最寄り駅にて下車。

21:15コンビニエンスストアに入店。

しばら雑誌コーナーにてく立ち読みをする。

その後、飲み物やお菓子などを購入して21:25にコンビニを出る。

21:33独身寮に帰ってくる。

21:51藤田氏はトレーニングウェアに着替えて出てきて、寮の前でストレッチを始める。

そして近くの河川敷をゆっくりとしたペースでジョギングをしている。

22:31汗だくになった藤田氏が寮に戻ってくる。

23:25部屋の明かりが消える。

その後状況に変化がない為、調査を終了する。

その他の日の調査も実施したが、昼食・夕食をとる店の変化以外では

ほぼ同じような行動パターンをしていた。

工作員の接触ポイントを見つけて、いよいよ接触活動に入る。

次回、待たせ過ぎた不倫相手と新しい彼を別れさせたい|別れさせ屋工作③へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る