ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/夫と別れたい・行動パターンを把握する|別れさせ屋工作②
探偵のお仕事ブログ

夫と別れたい・行動パターンを把握する|別れさせ屋工作②

依頼人小嶋さんは結婚して間もないご主人と

離婚したいと思っている。

世間体や親御さんへの申し訳なさなど、色々なことを

考えた末での思いである。

ミッションエージェントにご相談にいらっしゃる前に

ご主人に「子供が欲しいから離婚したい。」と告げた事がある。

しかしご主人は「何を馬鹿なことを言ってるんだ。

あんなに周りから祝福されたのに頭を冷やせ。」と

一喝されてしまった。

その一言が弊社に相談にいらっしゃる小嶋さんの背中を押すことになった。

担当員が選定され、対象者であるご主人の行動パターンを把握する調査(事前調査)を

開始する事となった。

今回の対象者は小嶋ゆういち氏(35才・都内某IT系の営業職)という男性である。

7:00対象者自宅周辺にて張り込み開始。

対象者兼依頼人自宅は都心にほど近い8階建ての賃貸マンションで

小嶋氏は5階に住んでいる。

7:12依頼人小嶋さんがマンション1階のゴミ置き場にゴミを捨てに来る。

その際に付近にいる調査員に気が付き、缶コーヒーを差し入れして頂く。

「今日は紺色の細身のスーツに青いシャツ、紺色のネクタイをしています。」という

情報もその際に教えて頂いた。

8;29小嶋さんが自宅を出て最寄り駅方向へ歩いていく。

8:48対象者小嶋氏が自宅を出て最寄り駅方向へ歩いていく。

小嶋さんから伺った服装である。

身長は170センチほどで細身、短い髪の毛を整髪料で立たせている。

8:59最寄駅に到着。勤務先方面行きの電車に乗る。

9:23勤務先最寄駅に到着。

9:29駅近くのコンビニに入店。

お茶と菓子パン、おにぎりを購入して勤務先が入るビルに入る。

勤務先ビルは小嶋氏が勤務する会社を含めて数十社が入っている

大型のオフィスビルである。

1階のエントランスまでは共用スペースとして部外者も入れるが

エレベーターに乗る際、警備員に社員証を提示するシステムとなっている。

その後、しばらく変化なし。

12:49小嶋氏が勤務先を一人で出てきて近くの牛丼店に入店。

黙々と食べて、13:05には勤務先に戻っていった。

13:25小嶋氏と上司らしき年配男性が勤務先を出て勤務先最寄駅に

入っていく。

そこから数社営業先を回る。

17:41二人は勤務先に戻る。

その後しばらく変化なし。

20:39小嶋氏が勤務先を出て最寄駅に歩いていく。

自宅方面行きの電車に乗車。

電車内ではスマホのゲームをしている。

21:04自宅最寄り駅に到着。

ここでタバコに火を点け、自宅方向へトボトボと歩いていく。

21:15自宅マンションに到着。

その後変化なし。

24:00変化がない為、この日の調査は終了する。

その他の日も同じような行動パターンをしているが

稀に上司らしき男性と飲みに行くことがあったが

日付が変わる前に帰宅していた。

その他にも接触するにあたって有効となる情報を

いくつか得る事ができた。

工作員の選定作業に入ることとなる。

次回、夫と別れたい|別れさせ屋工作③へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る