ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/夫と別れたい・夫に浮気心が芽生える|別れさせ屋④
探偵のお仕事ブログ

夫と別れたい・夫に浮気心が芽生える|別れさせ屋④

小嶋さんは結婚して1年も経っていないが

ご主人との離婚を望んでいる。

これは結婚観や子供を作るかどうかの考え方の違いに

端を発し、その問題が発生してからは夫の言動全てが

許せなくなってしまったのである。

とは言っても、親戚や友人に祝福されて結婚したので

周りの人も納得してもらえるような離婚理由が欲しいと

お考えになり、ミッションエージェントへのご相談となったのである。

夫であるゆういち氏は仕事帰りのジョギングを不定期に行っており、

このジョギングに照準を合わせて元陸上選手の工作員リカさんが接触する事となった。

連絡先の交換を行い、何度かゆういち氏と一緒に走るようになった。

その内、ゆういち氏からリカさんに送られるLINEやメールの内容に

変化が現れてきたのである。

最初は「次はいつ一緒に走ろうか?」「どのコースを通ろうか?」など

ジョギングに関連する連絡しかしていなかったが、段々とリカさんのプライベートに

立ち入った内容の連絡が多くなっていったのである。

「結婚しているの?」「恋人や好きな人はいるの?」「一人暮しなのか?」

「どのへんに住んでいるの?」「朝は何時頃会社に行くの?」などの質問である。

リカさんも「私は独身です。ゆういちさんはご結婚されてるんですか?」と聞き返すと

ゆういち氏は「それは秘密です。」と質問をはぐらかすのだった。

その内に二人はジョギングだけではなく、仕事帰りに二人で飲みに行くことが

多くなっていった。

その時にも「ゆういちさんは彼女とかいるんですか?」とリカさんが聞くと

「彼女『は』いないよ。」と答えてくる。

「じゃあご結婚されてるんですか?」と聞くと、急に酔っ払ったふりを

してごまかすのであった。

「もしゆういちさんがご結婚されてるんでしたら、今後二人で飲みに行くことは

やめましょう。」とリカさんは強気で言うと、

「・・独身だよ。」と嘘を付くゆういち氏。

リカさんは機嫌を治したふりをフリをして「じゃあもっと飲みましょう。」と

言いながら、日付が変わるまで二人は飲んだ。

帰り道にリカさんを送ると言いながら、体を触ってきたり、無理矢理キスしてきたりと

お酒に酔ったふりをしながら、リカさんが嫌がっていないか反応を見るゆういち氏。

そろそろ、仕上げが必要であると判断した担当員は、依頼人であり奥さんである

小嶋さんと打ち合わせを行い、最終的な工作を行う日取りと、行うべき内容を

話し合った。

次回、夫と別れたい|別れさせ屋工作⑤へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る