ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/離婚させたい~大阪|別れさせ屋②
探偵のお仕事ブログ

離婚させたい~大阪|別れさせ屋②

依頼人宇野さんは知らない内に、彼が二股をかけていて、そのもう一人の女性と

彼が結婚してしまったという状況である。

これは被害者が女性2名で一番悪いのはもちろん彼である。

宇野さんの気持ちは、彼と女性を離婚させて復縁したいという気持ちが半分。

奥さんとの関係が悪くなってスッとしたいという気持ちが半分というところである。

宇野さんから聞いていた彼の自宅は現在空き家となっており、入籍後に引っ越しをしたよう

だったので、彼の勤務先で張り込みを行い、帰宅時の彼を追って自宅を判明させた。

勤務先のある梅田駅から地下鉄で20分ほどのところにある新しいマンションだった。

幸いにも彼がどの部屋に入ったかが1階から見ても分かった為、翌日マンション近くにて

再び張り込みを行う。

彼(対象男性)は村上健一氏(仮名・35才・商社勤務)

6時00分 調査員2名にて張り込み開始。

6時24分 彼がごみ袋を持って集積所に入っていくのを確認。

7時21分 彼が自宅を出て、最寄り駅方向に歩いていく。自宅玄関の鍵を閉めた様子がないため

在宅している人物がいると考え、引き続き張り込みを行う。

8時48分 マンション裏手のベランダにて洗濯物を干している女性を確認。

9時20分 マンションの彼の部屋から女性が出てきてマンション1階の自転車置き場に入っていく。

自転車に乗った女性は駅とは反対側の方向へ走っていく。

調査員も用意してあった自転車で尾行開始。

9時38分 老人介護施設の従業員用スペースに自転車を停めて施設に入っていく。

しばらく状況に変化なし。

18時04分 女性が施設から出てきて自転車に乗り、自宅方向へ走っていく。

18時08分 スーパーマーケットの駐輪場に自転車を停めて入店。

店内では野菜やひき肉などを購入。自転車に戻る。

18時35分 自宅マンションに入っていく。

ベランダに干してあった洗濯物を取り込む女性を確認。

19時28分 彼が帰宅。マンションに入っていく。

23時15分 マンションの彼の部屋の電気が消えたのでこの日の調査は終了する。

他の曜日も調査を行うが、同じような行動だった。

その後、対象女性の名前は美恵(仮名・31才)ということが判明している。

早速、接触するべく工作員の選定と接触ポイントの精査に入る事となった。

次回、離婚させたい~大阪|別れさせ屋③へ続く。

<<    >>
トップへ戻る