ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/離婚させたい~大阪|別れさせ屋⑥
探偵のお仕事ブログ

離婚させたい~大阪|別れさせ屋⑥

女性対象者美恵氏は男性工作員RYOさんとLINEのやり取りをすることが

楽しくて仕方がなかった。

夫と仲が悪いわけではない。

しかもまだ新婚である。

でも夫とはアプリで知り合って、年齢的なことを考えて妥協して結婚したことは

否めない。

後にこんないい男と知り合うなんて思いもしなかったのである。

そして美恵氏は嘘が増えていった。

工作員EIKOさんにはRYOさんと連絡先の交換はしていないと言ってしまった。

RYOさんには自分は独身であると言っている。

夫には職場からの伝達事項がLINEで入ってくると言ってある。

でもRYOさんに本当のことを言って関係が終わってしまうのが怖いという

思いの方が強くなってしまった。

そんな時、RYOさんが大阪に出張に来る日が決まったと連絡が入った。

もちろんEIKOさんには内緒である。

RYOさんが大阪に来たらどこに連れて行こうか・・・。

その日のシフトを誰かと交代してもらわないと・・・。

何を着て行こうか・・・服を買いに行かなくちゃ!

そして美容院に行こう。

すっかり思考がお花畑になってしまった美恵氏。

EIKOさんとの連絡のやり取りの頻度は格段に少なくなっていった。

そしてRYOさんが大阪に来る当日となった。

夫には施設で研修があるから、今日は泊まりで仕事と言っているようだった。

夕方18時に大阪梅田駅の家電量販店前で待ち合わせだったが

美恵氏は17時には周辺に着いていた。

18時少し前に待ち合わせ場所に到着したRYOさん。

それを見つけた美恵氏は猛然とダッシュしてRYOさんに飛びついてくる。

「RYOく~ん会いたかった~。」といつもと違う声で甘えてくる美恵氏。

RYOさんも「僕も会いたっかたよ。」と返すと美恵氏はRYOさんと腕を組んで

予め調べておいた個室居酒屋に入店。

飲み物が届いて「かんぱ~いっ。」と元気よく飲み始める。

「ねぇ本当に会いたかった?RYOくんイケメンだから東京でも遊んでるんでしょ?」と

面倒くさい質問をしてくる美恵氏。

「そんな事ないよ、仕事が忙し過ぎて誰かとプライベートで会うなんて全くないよ。」と

RYOさんが言うと「そうなの~。」と言いながらボディタッチをしてくる美恵氏。

一方、久しぶりに登場の依頼人宇野さん。

元彼である村上氏(美恵氏の夫)とばったり会うというシチュエーションを作り、

こちらも一緒にお酒を飲んでいた。

「今日はたまたまかみさんが研修で泊まりだからご飯どうしようかと思ってたんだよ。」

という軽いノリの村上氏。

自分が宇野さんにどういう仕打ちをしたのかが抜けている。

実はこの二組が飲んでいるお店は隣同士のビルである。

村上氏の会社が梅田付近にあるので、RYOさんが美恵氏に梅田付近で会おうと

リクエストしたのである。

そして依頼人宇野さんも美恵氏たちがどこで飲むかを確認した上で

村上氏を誘導したのであった。

18時から飲み始めた美恵氏たちは個室なのをいいことに、RYOさんの隣に

美恵氏が座り、RYOさんの肩にもたれかかりながら

「美恵ちゃんねさびしかったの。」と自分のことを美恵ちゃんと言い出す状況。

3時間が経過していい雰囲気になっていった。

そろそろお店を出て次の場所に行こうとRYOさんがお会計をして

二人でお店の外に出る。

RYOさんに抱き付きながら「もぉ、私が払おうと思ったのにRYOくんが払っちゃうんだもん。」

とムクれた演技をする美恵氏。

「ねぇねぇ次どこ行きたい?どこでも連れて行くよ。」と甘え声の美恵氏。

「そうだなぁ、二人きりになれるところがいいかな・・。」

「えぇなにそれ~。」とうれしそうな美恵氏。

ホテル街のさんを引っ張っていく。

ここで依頼人宇野さんと村上氏がお店を出てビルの外に出てくる。

出てくると同時に村上氏はどこかで聞いたことがある声が聞こえてきたことに

気が付き、周囲をキョロキョロすると、猫なで声を出している美恵氏を発見。

知らない男を引っ張ってホテル街の方に歩いていく美恵氏を見て

「おい、美恵」と大声で呼ぶ村上氏。

RYOさんのことしか頭にない美恵氏は村上氏の声が聞こえないらしく

RYOさんにキスを迫っていた。

村上氏はいらだって小走りで美恵氏に近付いて「おいお前何やってんだ。」と

大声で美恵氏に詰め寄る村上氏。

そこで我に返った美恵氏。口はキスの口のままだったが「えっ?なんで?」と

キョトンとしている。

「お前今日研修じゃなかったのか?どういうことだよ。そしてお前誰だよ。」と

RYOさんにも詰め寄ってくる。

依頼人宇野さんは腹を抱えて笑いたい気持ちをグッと抑えて、

「村上さんどうしたの?」と近寄ってシレっと話しかける。

それを見た美恵氏は「あなたこそこの女性は誰よ。」と反撃に出る。

「この人はただの会社の知り合いだよ。お前新婚なのに何やってんの?」と

村上氏が言うと「えっ美恵さん結婚されていたんですか?」とRYOさんが

驚いた演技をする。

美恵氏は「RYOくん、ちょっと行き違いがあるみたいだから今日は帰るね。

また連絡するね。」と言ってその場から走って逃げだしてしまう。

村上氏はRYOくんを睨んだ後、宇野さんに「行こう。」と言い

別の飲み屋に入っていった。

飲み屋では怒りに任せてたくさん飲んだ村上氏。

「あぁ俺の見る目がなかった。今更だけど・・。」とちらっと宇野さんを見る村上氏。

宇野さんは白けた顔をして「バッカじゃないの、いまさら。ホンマに冷めるわ。」と言って

お店を出ていく。

その1週間後。

村上氏と美恵氏の離婚が成立した。

美恵氏からRYOさんに「この前はホンマにごめん、離婚が成立する寸前だったから大丈夫やと思ったんだけど

あんなところで会うなんて、でももう離婚が成立したから全然OKやで、次大阪来るときは教えてね。」と

メッセージが入る。

そして宇野さんにも村上氏から「この前は見苦しい所を見せてしまって申し訳なかった。

今日離婚が成立した。もしよかったらもう一度会ってくれないか?」というメッセージが

届いた。

宇野さんはすぐには返信せずによく考えた上で「二股をかけるような人とは二度と会うことはありません。

お元気で。」とメッセージを送った。

担当員が「本当にこれでいいんですか?」と聞くと「はい、最初はやり直したい、取り戻したいという気持ちも

あったけど、あんな情けない場面見たらこいつとはないなと思ったのでいいんです。

そしてこれでようやく自分の中で一区切りがついたので次のステップに進めると思います。」と

言われた宇野さんの表情が、とてもキレイで魅力的だった。

美恵氏のその後は不明である。

離婚させたい~大阪|別れさせ屋・・・終わり。

<<    >>
トップへ戻る