ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/子供がいるから離婚したい~別れさせ屋②
探偵のお仕事ブログ

子供がいるから離婚したい~別れさせ屋②

対象者である依頼人の小島さんのご主人は典型的な仕事人間であった。

またご実家の義父も厳格で亭主関白なタイプで、昭和の父親像を彷彿とさせるような

人物であり、ご主人もその影響を多分に受けている。

ご主人は小島康夫(仮名48才、都内商社に勤務していて部長職)

調査員がご主人の行動パターンを把握するための調査を実施する。

朝6時より小島さんの自宅付近にて張り込み開始。

6:15トレーニングウェアを着たご主人が自宅を出てジョギングをスタート。

自宅近くの公園を2周して6:40分ごろに帰宅する。

その間に小島さんが自宅から出てきてゴミ捨て場にゴミを捨てに来る。

調査員を見つけて軽く会釈して自宅に戻っていった。

7:25ご主人が自宅を出て徒歩で最寄り駅方向に歩いていく。

ご近所の人とすれ違い、大きい声で「おはようございます。」と挨拶をしていく。

7:31最寄り駅に到着。駅のホームでカバンから経済新聞を出して読み始める。

勤務先方面行の電車に乗り、引き続き新聞をくまなく読み続ける。

8:07勤務先最寄り駅にて下車。駅前の立ち食い蕎麦屋に入りキツネそばを注文する。

8:20蕎麦屋を出て、近くの喫煙所で一服する。

8:26喫煙所を出て勤務先ビルに入っていく。

12:07部下らしき男性社員たちと勤務先ビルから出てきて近くのランチをやっている居酒屋に

入り、日替わりランチを注文。

12:41お店を出て喫煙所に立ち寄り一服する。

12:48再び勤務先ビルに入っていく。

19:18一緒にランチを食べた部下たちが勤務先ビルから出てくる。

20:48ご主人が勤務先ビルから一人で出てきて最寄り駅方面に歩いていく。

20:52駅前の立ち飲み屋に入店。一服しながら生ビールを飲み店内のテレビを見ている。

21:48ビールを3杯ほど飲んだところでお店を出て駅に向かう。

21:53自宅方向に向かう電車に乗車。

22:29自宅最寄り駅にて下車。ゆっくりと自宅方向に歩いていく。

22:37帰宅。

23:31自宅の明かりが消えたのでこの日の調査は終了する。

その他の曜日も調査を行ってみたが、部下を伴って取引先に行ったり、

夜に会食しながらの打ち合わせする以外はそれほど変わりはない。

依頼人小島さんにご報告すると、「まじめに仕事してるんですね、なんか孤独な感じですけど。

もっとお姉ちゃんがいるようなお店で派手に遊んでいるのかと思いました。」と

少しご主人を見直す気持ちが芽生えたようである。

でもまだ小島さんの意志は固いのである。

担当員は工作員を選定して、接触に向けて打ち合わせを行う事となった。

次回、子供がいるから離婚したい~別れさせ屋③へ続く。

<<    >>
トップへ戻る