ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/もう耐えられない!~主人と別れたいんです|別れさせ屋(3)
探偵のお仕事ブログ

もう耐えられない!~主人と別れたいんです|別れさせ屋(3)

奥さんである森田さんから、ご主人の好みのタイプは

すでにリサーチ済みである。

・小柄でキャピキャピしていない。

・メガネが似合う。

・ぽっちゃりとしたタイプが好き。

・控えめな感じ。

・髪は黒でロング。

     ・

     ・

     ・

・・・と好みを挙げたらキリがなくなってしまいそうなので

この辺にしますが、工作員リストより今回ピックアップしましたのは

女性工作員SIORIさん 26才 元タレント 154センチ

そのキュートなスタイルで常に別れさせ屋工作成功率ベスト3に入る実力者である。

まずきっかけ作りとして、ご主人の出勤時の電車内で

わざとSIORIさんはバッグを車輌ドアーにはさみ、ご主人に助けてという

無言の視線を送る。

それに答えたご主人は「大丈夫ですか?」と小声で言いながら

SIORIさんのバッグを挟まっているドアーから引っ張り出し

SIORIさんに手渡す。

その後も電車内でご主人とSIORIさんは会話を続けるのであった。

そして・・・今回重要ポイントに選んだのはご主人行きつけの

「やきとり屋」である。

SIORIさんとYAYOIさんという女性工作員でペアーを組み

19時半からやきとり屋店内で食事しながら待機・・・。

およそ30分後、ご主人がやきとり屋に入店。

いつものトイレ横のカウンターに腰をおろす。

おしぼりで顔を拭きながら生ビールを注文するご主人。

「ぷはーっ」と一気にビールをジョッキの半分ほど

おいしそうに飲み干す。

お通しを少しつまみ、いつもの串盛りを注文。

上機嫌に店員さんと話をしだす。

「今日も混んでるね・・」と言いながら店内を見回すご主人は

SIORIさんに気が付き、SIORIさんも同時に気が付いたフリをしながら

「あっ朝の・・」と声をかけ合う。

・・・10分後、店内にはご主人とSIORIさん、YAYOIさんが同じテーブルで

飲んでいる状態となっていた。

いつもは一人カウンターで飲んでいるご主人は

今日の展開に上機嫌な様子。

2時間ほど店内で飲み、SIORIさんとご主人は

メルアドの交換をして、また飲む約束を取り付ける。

なんとご主人はSIORIさんに対して、自分はバツイチで独身と

言っているとの事であった。

翌日からご主人からの絵文字入りメールが頻繁に

SIORIさんの元に届く・・・。

次回、もう耐えられない!~主人と別れたいんです(4)へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る