ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/離婚したい・大いなる決断をする時|別れさせ屋工作②
探偵のお仕事ブログ

離婚したい・大いなる決断をする時|別れさせ屋工作②

依頼人佐藤さんはご主人との関係に悩んでいた。

離婚するべきか否か、子供のために踏み止まるべきなのか・・。

女性として子供達と一緒に新しい幸せを探すべきなのか・・。

どちらの選択をしても自分自身や子ども達に苦労や我慢を強いてしまう気がする。

でもこのままの状態では私が暴発してしまいそうである。

とにかく夫の行動を調査してもらって今後の事を決める予定です。と

佐藤さんは話された。

早速ご主人の素行調査を行う事となった。

ご主人は佐藤たかふみ氏(仮名・44才・医療機器メーカー勤務)

7:00対象者自宅前にて張り込み開始。

自宅は古い一戸建て住宅で玄関周りには多くの花や植物が植えられている。

自宅周辺は踏切や国道がある為、人通りや車の往来が早い時間から

激しかった。

7:45対象者自宅から佐藤氏が出て最寄駅方向へ歩いていく。

7:57最寄駅に到着。

7:59勤務先方面の電車に乗車。

電車内ではスマートフォンでゲームをしている。

8:34勤務先最寄駅にて下車。

駅構内の売店で雑誌を購入して勤務先方向へ歩いていく。

途中で会社の後輩らしい男性と合流して8:41勤務先ビルに入って行く。

10:21ビル地下駐車場から会社名が入ったライトバンで出てくる。

その後、3箇所の病院を回って16:21に帰社する。

昼食は1箇所目に行った病院内の食堂で取る。

19:11佐藤氏が勤務先を出て最寄駅に向かう。

19:18最寄駅より自宅方面へ向かう電車に乗車。

19:31謎の途中下車。ちょうど勤務先と自宅の中間地点の駅である。

駅構内を出た佐藤氏は誰かと電話で話している。

「何か買っていった方がいい?」という話し声が聞こえる。

そして駅近くのスーパーで数点の野菜やビールなど購入して

住宅街の方へ歩いていく。

ちなみに電話で話していたのは依頼者佐藤さんではないとの事だった。

佐藤氏は駅からおよそ7分程の所にあるマンションに入って行く。

4階建ての古いマンションでオートロックではなく下から何階のどの部屋に入ったのかが

わかる造りである。

3階の某部屋の前に行き、佐藤氏が自ら鍵を開けて部屋に入って行く。

22:14佐藤氏が部屋を出てエレベーターで降りてくる。

1階のエントランスに佐藤氏と女性が現れる。

少しエントランスでイチャついた後、「また明日ね。」と女性が言いながら

佐藤氏とキスをする。

佐藤氏は再び駅方向へ歩いていく。

その姿が見えなくなるまで女性はその場で佐藤氏を見送っていた。

その後、佐藤氏は電車に乗って23時少し前に自宅に到着する。

他の曜日も同じようにこの女性の家によって帰る日もあれば

佐藤さんには出張だと言いながら、この女性宅に泊まることもあった。

その後の調査によるとこの女性は佐藤氏の営業先の病院の職員である事が

判明した。

依頼人佐藤さんに一連の状況をご報告させて頂いた。

「少しでも夫とやり直そうと考えていた自分がバカだった・・・。」

「もう夫に対しては完全に気持ちが無くなりました。でも離婚する事によって夫が

その女と一緒になって幸せになるのは許せない・・・。だからその女と別れさせて

から離婚したいです。」と強い口調で話された。

この段階で佐藤さんは弁護士さんに相談されて、弊社が集めた証拠を元にスムーズに離婚が

可能であるという事を確認した。

これから佐藤氏と不倫女性との関係を解消させる為の動きを開始する事となった。

次回、離婚したい・大いなる決断をする時|別れさせ屋工作③へ・・続く。

否かを

<<    >>
トップへ戻る