ホーム/探偵のお仕事BLOG/離婚工作事例/離婚したい・大いなる決断をする時|別れさせ屋④
探偵のお仕事ブログ

離婚したい・大いなる決断をする時|別れさせ屋④

今回のブログテーマは離婚工作である。

しかし、今のところ夫である佐藤氏の素行調査や佐藤氏と江口氏の

不倫関係を解消させる別れさせ屋工作となっている。

本題に戻す為に、江口氏と佐藤氏を別れさせる工作の流れは概略のみ

お伝えさせて頂く事にします。

まず江口氏に女性工作員を接触させて、友人関係を構築致しました。

一緒に飲みに行く関係になった所で現在進行形の恋愛についての

話や悩みを聞き出すことに成功した。

江口氏と佐藤氏は不倫関係になって8年ほどになるらしい。

下のお子さんが生まれる頃からのお付き合いとの事だった。

最初は割り切った関係として、佐藤氏の家庭を壊すことは望んでいなかったが

交際期間が長くなるにつれて、このままこの人と付き合っていていいのかという

不安感が募り、その不安を佐藤氏にぶつけたとの事である。

それを受けて佐藤氏は江口氏の要望を受け止めるべく、妻であり依頼人である

佐藤さんに対しての接し方が厳しくなってきたのであった。

しかし、佐藤氏は具体的に離婚に向けての動きをせず時間だけが過ぎている状況

に、江口氏は限界を迎えつつあった。

その情報を聞いた女性工作員は何人かの男性工作員を紹介するべく

何回か飲み会をセッティングしてその中の一人の男性工作員と関係を構築するようになった。

それと比例して、佐藤氏と会う頻度は少なくなっていったが、長年交際してきた佐藤氏に対して

情が湧くのは当然の心理である。

なかなか佐藤氏との関係を完全に切ろうという意識になりきらなかったのである。

佐藤氏も江口氏の変化に気が付き、いつもよりマメに連絡を取り合ったり

依頼人佐藤さんに対して早く離婚しろと迫ったりと必死に食らいついていた。

そして二人の関係を解消させるべく、佐藤氏と江口氏が一緒にいる場面に男性工作員を

接触させる事にしたのである。

佐藤氏は怒ったり、泣いたりと修羅場になったが、江口氏はドライに佐藤氏との関係を

切り、男性工作員との関係を選んだのであった。

その日から佐藤氏は家庭で優しい父親、夫になろうと気持ち悪いぐらいに態度を改めた。

依頼人佐藤さんは裏事情を知っているだけに、態度を変えた佐藤氏を冷ややかな目で

見ていた。

子供たちも父親の変わりように、戸惑っていた。

ここで依頼人佐藤さんは夫である佐藤氏に「あなたがこれまで不倫をしていた事は知っています。

証拠も揃っていますので離婚して下さい。」と告げた。

しかし佐藤氏は「・・・離婚は・・・絶対にしない。」と応えたのである。

次回、離婚したい・大いなる決断をする時|別れさせ屋工作⑤へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る