ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/彼女を取り戻したい・別れさせて復縁|別れさせ屋工作①
探偵のお仕事ブログ

彼女を取り戻したい・別れさせて復縁|別れさせ屋工作①

夏がやってきました。

期間で言えば2ヶ月ぐらいの短い季節です。

しかし、夏は開放的な気分になる人が多く

恋愛模様が変わるような出来事が起こりやすい季節であると

言えます。

今回のお話はそんな出来事に見舞われた方のエピソードとなります。

日中の温度が30度を超えたある日、一人の男性が

汗だくになって弊社オフィスを訪れた。

彼の名前は大杉みのるさん(仮名・35才・都内商社勤務)という

がっちり体型の男性で、額から止めどなく流れる汗を

タオル地のハンカチで拭き続けていた。

そして冷たいお茶を一気に飲み干すと「ふっーーーーっ。」と

大きく息を吐き、「早速本題なのですが、彼女を取り戻したいんです・・。」と

話し始めた。

6年間交際していた彼女が、少し前に飲み会で知り合った男性と仲良くなり

先日別れ話をされたとの事である。

大杉さんは彼女との結婚を考えていて、実際に彼女の実家に挨拶に行き

自分の実家にも彼女を紹介していた。

「子供も産みたいし、早く結婚したい。」と言い出したのは元を正せば彼女である。

そして結婚式場を選んでいた矢先の事だったので、別れ話も冗談だと思っていた。

しかし彼女は、大杉さんが仕事をしている日中に同棲していた家から新しく借りたワンルームに

自分の荷物を運び出してしまい、家に帰ってきた大杉さんがガランとした自宅を見て

本気だったんだと理解したのである。

彼女とは連絡はスムーズに取れる関係であり、彼女はいきなり引っ越した事を素直に謝罪。

「でも思い立った時に動かないと決意が鈍っちゃうと思ったから・・・。でもゴメンなさい。」

この時に彼女から色々な話を聞くことができた。

・結婚したいと言ったものの、本当にこのままこの人と結婚していいんだろうか?という不安。

・自分を一人の女性として扱ってくれる人と飲み会で知り合い居心地が良かった。

・彼との関係が悪くなって、もし大杉さんが待ってくれているのなら戻りたい。

というのが大きなテーマだった。

「彼女と彼が別れれば、私のところに戻ってくると彼女は言いますが、

それがいつになるかわからないし、彼との関係が悪化しなければ永遠に帰ってこないし・・。

彼女は結婚願望が強いので、もし妊娠してしまったら別れられない状態になってなってしまうし・・。

なんてネガティブな考えばかり頭に浮かんできてしまうものですから、何とか彼女と彼を

別れさせて、元の関係に戻りたいのです。」

というお話を涙ながらにお話されたのだった。

早速彼女さんの情報と、わかる範囲の彼の情報を頂いて

事前調査のスケジュールを組む事となった。

次回、彼女を取り戻したい|別れさせ屋工作②へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る