ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/彼女を取り戻したい・関係構築|別れさせ屋工作④
探偵のお仕事ブログ

彼女を取り戻したい・関係構築|別れさせ屋工作④

ご依頼された当初、大杉さんは、毎日変わる自分の精神状態に振り回されていた。

毎日行なうべき自己改革が合っているのか、本当に効果があるのかと

不安感に襲われ、2日に1回は担当員に確認するという状況が2週間ほど続き

その後、どうしようもない寂しさに打ちのめされ担当員と一緒に朝方まで

飲み歩いたこともあった。

何とか冷静に自分を見つめなおすことができるようになったのは、依頼してから

1ヶ月が過ぎたころからだった。

自分の魅力は何か、自分に不足している部分は何かということを冷静に考えることが

出来るようになっていた。

それでもその方法や考え方が合っているかどうかを確認する意味でも

定期的に担当員との面談は続け、新しい課題をもらうようにしていた。

さて、工作員ユカリさんと連絡先の交換をした対象男性加藤氏。

管理栄養士の資格を持つユカリさんのアドバイスを忠実に守り

食生活が段々と変わっていった。

早い段階で、自分には交際を始めたばかりの彼女がいると打ち明けられていたので

ユカリさんに対して一定の距離を開けているなと感じていたが

段々彼女である木村氏への愚痴が増えていった。

木村氏はお世辞にも料理がうまいと言えず、どちらかというと加藤氏の方が

木村氏に料理を教えるという状況だった。

しかし、何度教えても料理を憶えない。

そしてすぐに間食する木村氏の食生活を加藤氏は苦々しく思っていた。

そんな愚痴をユカリさんにこぼすのである。

そんな状態が3週間ほど続いた。

毎週末加藤氏は木村氏と過ごしているが、この頃から木村氏とは会わずに

ユカリさんと自然食品の店を巡るようなデートに行くようになっていった。

そして、はじき出された木村氏は大杉さんに「元気?」「ご飯食べてる?」などの

連絡をするようになっていった。

大杉さんは彼女から連絡が来て、踊り出したくなるほどうれしかったが、

グッと堪えて、冷静な内容の返信をしていた。

そろそろ仕上げの時となる。

次回、彼女を取り戻したい|別れさせや工作⑤へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る