ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(1)|復縁
探偵のお仕事ブログ

会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(1)|復縁

出会いのキッカケはネットから・・・

という案件が最近増えてきております。

これも時の流れなのでしょうか、

直接会った事のない相手に対して

恋愛感情を持つという事は危険な事も

ありますので、ご注意を!

今回はネットで出会い、一度も会った事がないけれども

結婚の約束までした相手から、急に別れを切り出されてしまった

男性からの案件をご紹介いたします。

今回の依頼者は、高橋幹夫さん(仮名・33才・エンジニア)

という茨城県にお住まいの男性。

1年ほど前から、ネットゲームのチャットで知り合った

28才の女性(バツイチらしい)と意気投合し

お互いのアドレスや電話番号を交換して

連絡のやり取りをしていました。

物事に対する価値観、話し方、話題、好物、全てに於いて

高橋さんと符合する彼女に対して恋愛感情が芽生えるまでに

それ程時間はかかりませんでした。

ひとつ障害となる事と言えば、彼女の住いが和歌山県で

気軽に会いに行ける距離ではないという点。

しかしそんな遠距離という事にもめげず

1年間、毎日のように連絡を取り合っていたお二人。

普段はすごく高橋さんに会いたがる彼女だが

いざGWやお盆休み、正月休みなど長期で休める期間になり

高橋さんが彼女に会いに行きたいという連絡をすると

その日はどうしても抜けられない用事があるから

会いたいけど会えないのという矛盾した事を言う彼女。

多少なりとも不信感は抱いていたが、その不信感を

上回る彼女への気持ちから、彼女のスケジュールを尊重する

スタンスでの付き合いを続けていた高橋さん。

ついには一度も会わないまま結婚の約束をするまでになる。

彼女もすごく結婚に向けて乗り気だったのだが・・。

突然別れを切り出されたのがGW前の4月の出来事。

GWは絶対に会いたいと彼女に伝えていた高橋さんに対して

彼女も了承してくれ、いよいよ来週GWだ・・・と思っていた矢先に

「他に好きな人が出来たので別れましょう」

という短文のメールが高橋さんに届く。

意味がわからない高橋さんはイタズラだと思い

彼女に電話をしてみる・・・留守電・・・留守電・・・留守電

心配になった高橋さんは会社を早退して

電車に飛び乗り、数時間かけて和歌山まで来てしまう。

以前に聞いていた彼女の住所を頼りに

駅前からタクシーに乗り、彼女が住むマンションへ急行する。

その住所に着いてみるとマンションはあるが

彼女の住んでいるべき部屋には違う人が

生活している。

管理人さんに聞いてみると一週間ほど前に

引っ越されていて、今は新しい方が住んでいますとの事。

手がかりを失った高橋さんは留守番電話に

ひたすらメッセージを残す事しかできないのでした。

現在まで連絡が取れない高橋さんは悩みに悩んで

弊社までいらっしゃいました。

まずは現住所の割り出し調査を行ない

その後、復縁工作を行なうというご依頼となりました。

住所を調べてみると、和歌山県内ではなく

現在は東京に住んでいる事が判明。

さっそく高橋さんに新住所を報告した後

事前調査を開始する事となる。

次回、会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(2)へ続く

<<    >>
トップへ戻る