ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(2)
探偵のお仕事ブログ

会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(2)

事前調査を開始・・・・のはずだったが、

高橋さんに彼女の転居先をお知らせしたら

自分の目で見てみたいという

強いリクエストを受けて

高橋さんを調査員の車の後部座席に乗せ

現地にて張り込む事となる。

メールでお互いの顔写真を送りあっていたり

テレビ電話で話をした事もあるので

お互いの顔は認識できる。

高橋さんがここにいる事がバレては

まずい。

慎重に張り込みポイントを探す調査員。

現場は駅前の商店街から一本裏手に入った住宅街。

朝7時に調査員達と高橋さんは張り込みを開始する。

駅前商店街を通勤通学の人々が通り過ぎていく。

彼女の家は4階建ての1LDKのマンション

近くの不動産屋で聞くと8万4千円の家賃との事・・。

和歌山で彼女が住んでいたマンションは同じ間取りながらも

家賃は5万8千円。

経済的に大丈夫なのであろうか・・。

調査員達は色々な可能性を考えながら現場での

張り込みを続ける。

・・・「あっ彼女だ!」と高橋さんが興奮を抑えながらつぶやいた。

午前7時44分 対象者マンションから対象女性(以下、小松さん・仮名)が

出てくる。

幼稚園の制服を着た女の子の手を引いている。

小松さんは自転車の後ろに少女を乗せ、商店街とは逆方向に

走っていく。

自転車で待機していた、一人の調査員が絶妙な距離感を

保ちながら、その後を尾行していく。

自転車に乗っておよそ6分ほどで「○○幼稚園」に到着。

少女を自転車から降ろし、正門の所でバイバーイと少女に手を振る小松さん。

近くにいた女性から、「ミホちゃんママ、おはよう」と声をかけられていたのを

調査員は確認。

少女は女性対象者小松さんの娘さんでミホちゃんという名前なのだろうと推測。

5分ほど他のお母さん達と立ち話をした後

再び自転車に乗り、自宅マンション方向へ走り出す。

自宅に到着。自転車置き場に自転車を停め自宅に入っていく。

尾行した調査員が追った先で知り得た情報を高橋さんに

伝える。

彼女がバツイチだという事は聞いていたが・・お子さんがいたとは

彼女からは聞いていない。

言えなかったんだろうか・・・。

現在、午前8時11分・・・

対象者宅から男性が出てきた様子は確認できない。

母子家庭なのであろうか・・・。

その後、買い物に出たり、娘さんのお迎えに幼稚園に行ったりしたのち

小松さんが自宅から出てくる事はなかった。

夜23時に部屋の明かりが消えたのを確認して

現場を後にする。

高橋さんも慣れない張り込みに途中居眠りをされていたが

よく頑張ってました。

その後、様々な情報網から彼女は現在娘さんと二人暮らしで

元のご主人からの養育費と母子家庭の補助金などで生活を

しているとの事であった。

問題は彼女の現在の気持ちである。

高橋さんにお子さんがいると言えなかった女心なのか

別れなければならない違う理由があるのか

そこが今回のキーポイントである事は間違いない。

次回接触活動編

       会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(3)へ続く・・・。

会った事がない彼女と復縁します~ネット恋愛(1)に戻る

<<    >>
トップへ戻る