ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/長年連れ添った相手~妻と復縁したい(1)
探偵のお仕事ブログ

長年連れ添った相手~妻と復縁したい(1)

失ってみて、または失いそうになってみて

初めて相手の存在の大きさに気付かされる経験は

皆さんもお持ちかと思います。

今回のご依頼人もそんな悩みを持たれていた方でした。

今回のご依頼人は塚本雄一さん(仮名)43才

都内で人材派遣会社の管理職をされています。

塚本さんのご一家は奥さん38才専業主婦

息子さん16才・・高校一年生

娘さん 13才・・中学一年生

塚本さんのお母さん・・68才

という5人家族である。

奥さんである礼子さん(仮名)から離婚をしたいと

告げられたのが、2ヶ月ほど前の事であった。

それまで全くそういった素振りを感じていなかったので

塚本さんからすると青天の霹靂な出来事であった。

奥さんに理由を聞いても、お互いに感情的になってしまい

冷静に話ができない状態。

結婚17年目に出てきた離婚話にどう対処していいのかが

わからない塚本さんは、出来る限り話し合いの場を持つように

すると共に、奥さんの家事を手伝ったりと試行錯誤する日々を

送っていた。

塚本さんの母親である孝子さんも嫁である礼子さんと

話をする機会を多く持つようにしていた。

世間で言う嫁姑の関係と違い、お互いに尊重しあう関係を

築いていた二人は何でも相談しあう仲のはずであった。

がしかし、離婚したいという明確な理由を孝子さんにも

話してくれないのである。

お子さん二人も両親の異変に早い段階から

気付き、何とか修復して欲しいと願うばかりであった。

そんな時に塚本さんがインターネットで弊社のホームページを

見つけ、お問い合せ頂いたのである。

一番の問題は礼子さんが何が不満で離婚したいと

言っているのかという理由である。

その理由がわからないと塚本さんも改善のしようが

ないのである。

さっそく担当員を決定し、礼子さんの行動を見る

事前調査を開始する事となる。

次回、長年連れ添った相手~妻と復縁したい(2)へ続く・・。

<<    >>
トップへ戻る