ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/長年連れ添った相手~妻と復縁したい|復縁(5)
探偵のお仕事ブログ

長年連れ添った相手~妻と復縁したい|復縁(5)

CHIYOさんの聞き出した情報を元に

第二月曜日の午前中の礼子さんの行動を

追うと共に、男性の所在を突き止めることにする。

家事を終えた礼子さんは普段着(ジーンズ・トレーナー)であるが、

少し大きめのバッグを持って自宅を出る。

最寄り駅より電車に乗り、前回弁護士事務所を

訪れた時と同じターミナル駅で降りる。

駅構内のトイレに入る。

20分後、トイレから出てきた礼子さんは

膝丈のタイトなスカートと白いブラウス、

ベージュのジャケットに着替えていた。

全く印象が変った礼子さんを調査員は見落としそうになるが

持っていた大きめのバッグによって何とか尾行を続ける。

持っていたバッグをコインロッカーに入れ

1軒のファーストフード店に入る礼子さん。

店内に入った瞬間に客席奥の方向を見て

手をふる礼子さんを確認。

その先にいたのは30代前半のスーツ姿の男性であった。

その後40分ほど、礼子さんとその男性は

和気藹々と話しながら店内で軽い食事を取る。

店を出た二人はまっすぐ駅近くのラブホテルへと

入っていく。

ホテル周辺で調査員が待つ事、2時間半・・。

ホテルを出た二人は駅前で別れを告げて

別々の方向に歩いていく。

家に戻るであろう礼子さんの尾行は行なわず

男性の行動を追う事となる。

その後、男性は会社に戻り動きが読めなくなるが

夜19時過ぎに会社を出た彼を再び尾行開始。

会社の最寄り駅から電車に乗り、約20分ほどのところにある駅で

下車する。

駅前の商店街を抜け、自宅と思われる新築の一軒家に入っていく。

玄関横の郵便ポストには家族全員分の名前が書かれている。

「横山茂・横山絵美・横山千里・横山大介」(全て仮名です)

この表札を見る限り、横山茂という男性という可能性が高い。

ダブル不倫である状況を礼子さんは知っているのであろうか・・。

念の為、翌朝まで張り込みを続ける調査員。

朝7時33分 昨日の男性が自宅を出てくる。

奥さんらしき女性が男の子を抱っこしながら

「パパいってらっしゃーい」という声が調査員の耳に入ってくる。

間違いなく横山茂であろうという結論に達する。

夫婦仲も悪い様子には見えないのだが・・。

知り得た状況をご主人である塚本さんに

お知らせする。

生々しい礼子さんの行動と浮気相手である

横山茂という男性に対しての怒りが伝わってくる。

横山茂の浮気によって翻弄されている礼子さんなのか

それとも、横山茂が結婚をしている事を知っていて

割り切っての関係を続けているのであろうか?

CHIYOさんの聞いた情報によると、礼子さん夫婦が

別れた後は彼との生活を礼子さんは夢見ている話を

していたらしい。

彼(横山茂)に対しての工作を含めて、塚本さん

担当員、CHIYOさんでミーティングを行う事となる。

礼子さんとの復縁に障害となる事は排除していかなければ

ならない。

まずは横山茂と礼子さんとの関係を断ち切る工作を

行なう方向性を確認し、次回からの工作スケジュールを組む事となる。

次回、長年連れ添った相手~妻と復縁したい(6)へ続く・・。

<<    >>
トップへ戻る