ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/束縛しすぎて後悔~復縁工作(3)
探偵のお仕事ブログ

束縛しすぎて後悔~復縁工作(3)

彼の現在の彼女である岡本氏は、男性との

交際経験が乏しく、彼との交際が始まったばかりという

状況もあり、工作が難航するのではないかと予想された。

今回、依頼者である水本さんと、岡本氏の性格などの

聞き取りをした際に、男性がいきなり声をかけるよりも

女性工作員がまず仲良くなっていった上で、男性工作員を

紹介していく方が効果的であろうという結論に達した。

その他の特性としては、若干天然ボケで不思議ちゃんを

演じている。

また某ねずみ系キャラクターの熱狂的なファンとの事なので

接触時のきっかけ作りに反映できるであろうとの事でした。

今回、接触にあたる女性工作員は・・・

NATUさん 27才 元看護士さん 某遊園地で勤務経験もあり

聞き上手な彼女は、対象者と友達になるような案件を得意としている。

さて日勤を終えた岡本氏は、いつものように病院の

駐輪場で自転車に乗り、出入り口にいる守衛さんに挨拶をして

自宅方向へ走っていく。

通常の行動パターンでいくと、今日は元患者さんが

経営するペットショップに寄る可能性が高い日である。

NATUさんは、すでにペットショップのショーウインドウ前で

子犬を見ながらスタンバイしている。

20:11 岡本氏がペットショップの前に自転車を停め

店内に入る・・・その時にショーウィンドウ前で子犬を見ている

NATUさんをチラッと見る。

正確に言うとNATUさんのバッグに着いている

キャラクターのキーホルダー(プレミア物らしい)を岡本氏は

ジッと見ながら店内に入っていった。

岡本氏は5分ほど店内で、元患者さんと立ち話をした後

まだショーウィンドウの前で子犬と遊んでいたNATUさんに

恐縮しながら話しかけてくる。

「あのー、もしかして、そのキーホルダーって、〇〇〇じゃないですか?」

NATUさんは内心、来た来たと思いながら笑顔で

「ええ、そうですよ、お詳しいんですね!」と答える。

「ウソー、それって全然手に入らないやつじゃないですかぁ

いいなぁ・・・。」

その後、そのキャラクターの話で大いに盛り上がり

結局30分ほどもペットショップ前で立ち話をする事になる。

キーホルダーが手に入ったら連絡しますねという話から

お互いの連絡先を交換し、その場を離れる。

NATUさんはそのキーホルダーを複数持っている為

すぐに岡本氏に手に入った旨を伝える事になる。

岡本氏の仕事が休みの前の日に彼とのデートを断って

NATUさんと会う事となる。

次回、束縛しすぎて後悔~復縁工作(4)へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る