ホーム/探偵のお仕事BLOG/復縁工作事例/束縛しすぎて後悔~復縁工作(4)
探偵のお仕事ブログ

束縛しすぎて後悔~復縁工作(4)

前回の工作で使用したプレミア物の

キーホルダーによって、岡本氏の気持ちを

がっちりとキャッチした工作員NATUさん。

元々、そのキーホルダーが売られている遊園地に

勤めていた事や、看護士さんだった事など

岡本氏と共通な話題が多く、すぐに昔からの

友人だったかのような接し方となっていった。

岡本氏は一週間に1日を彼と、2日をNATUさんと

飲みに行くという過ごし方となっていった。

飲みに行けば、岡本氏の恋愛話や彼の話なども

当然出てくる・・・岡本氏は経験の少なさから

あまり男性との交際を得意としていないらしく

意地を張って喧嘩をしてしまったり、ちょっとした事で

落ち込んでしまったりという事が多々あるらしい。

彼を好きである事は間違いないが、同性のNATUさんと

趣味の話をしている時間が非常に癒されるとの事であった。

そんなある飲みの席で、今度某遊園地のスタッフによる

2対2の飲み会があるから、ぜひ来てほしいとNATUさんは

岡本氏に頼む。

通常の合コンにも行った事がない岡本氏ではあったので

非常に渋っていたが、パレードで踊っていた人も来るという

NATUさんの一言に承諾するのであった。

それから数日後・・・・。

いよいよ飲み会当日となりました。

次回、束縛しすぎて後悔~復縁工作(5)へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る