探偵のお仕事ブログ

姉妹の行動

援助交際とは、

若い女性が行う、売春のひとつであって、

性行為は伴わない金銭目的の交際を指していたが、

現在では、性行為も含む若い女性の売春として捉えられている。

もし、自分の娘さんが、

そのような行為をしでかしていたら?

親は、気が気では入られません。

そんな事で不安になった親御さんが依頼に来た事例を今回お話します。

依頼者は48歳の女性。

大阪にお住まい。

お名前(仮名)を、山下沙希さん。

結婚していたが、一昨年に15年の結婚生活にピリオドを打ち、

娘さんが2人いたのですが、2人とも引き取ったそうです。

18歳と、15歳の姉妹。2人とも、女子高生。

依頼に来たのは、18歳の姉(仮名:裕子)の素行を、調査してもらいたいとの事でした。

コンビニでアルバイトをしているらしく、帰りは夜10時頃になるらしいのです。

そのアルバイトが最近忙しくなったとかで、アルバイトする日が多くなってきたのです。

本当に働いているのだろうか?と思い、

山下さんはコンビニに電話してみました。すると、

「ええ、いつも真面目に働いてます。」と、言われたので一安心しました。

しかし、時間も不規則に帰る事も多くなったそうです。

理由を聞くと、バイトの人と話していた、などと言われていたそうです。

自分の娘を疑うわけではないが、やはり怪しい。

変な男に付きまとわれているんじゃないかと、心配はどんどん膨らんでいったそうです。

そこで、ちゃんと調査をしてもらい、納得したいが為に、当社まで依頼に来たそうです。

依頼を受け、我々は、姉の裕子ちゃんの尾行を開始しました。

学校への登校、下校時、バイトに行く時、遊びに出かける時、全てチェックします。

まず、学校ではなにもなかったです。

まぁ、女子高でしたし、男の影の心配は、ないですしね。

その後、下校です。友達2人と楽しそうに、会話しながら帰っていました。

この時の女子高生は横並びに歩きます。かなり邪魔ですよね。かなり余談ですが。

その後、アルバイトに行くだろうと思っていましたが???

バイト先とは反対方向の電車に乗ったのです。

そして、とある繁華街の有名な待ち合わせ場所まで、やってきました。

まさかと思いながら、待つこと15分。40歳ぐらいでしょうか、

スーツを着たサラリーマンが、裕子ちゃんに話しかけてきました。

そして、2人は、ラブホテル街まで消えていきました。

もちろん、見失ってはいませんが。

姉の裕子ちゃんの援助交際は決定的でした。

でも、おかしいですよね。

アルバイトには行っているのは、確認済みですからね。

そこに裏があったのです。

どうやら、コンビニにアルバイトに行っていたのは、妹のほうだったのです。

妹もアルバイトしている事は知らされていたそうですが、

コンビニではなく、飲食店でアルバイトをしている、

と山下さんは聞いていたらしいのです。

姉は、考えて妹を自分が行っているとしているバイト先に行かせ、

自分は援助交際をしていたそうです。

依頼者の山下さんに全て報告。

愕然として、膝を床につけ、こぼれる涙を抑えきれずに声を出していました。

「なぜこんな、こんな事までして…。」

その後、姉妹と話し合いをしたそうです。

なぜこんな事をしていたのかを問うと、母親の金銭的援助をしようとしていたそうです。

それを聞き自分が恥ずかしくなったと言います。

「そんなに追い詰めていたなんて...。」

姉はその後、援助交際をきっぱりやめ、アルバイトをして、生計を支えることを誓い、

親子三人手を取り合ってやっていく事を約束したそうです。

<<    >>
トップへ戻る