ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/「別れたい」ずるずる続く関係~別れさせ屋②
探偵のお仕事ブログ

「別れたい」ずるずる続く関係~別れさせ屋②

気が付けば学生の頃から始まった交際が10年を超えていた。

二人の関係が盛り上がっていた頃はこの人と結婚することを疑ったことは

なかった。

しかし彼の浮気が発覚から別れ。

必死に謝罪する彼を見て復縁することを許したものの、彼の裏切り行為は本郷さんの

心の澱となってしまった。

どんなに面白いことであっても100%の気持ちで心から楽しめない。

もちろん彼のいい所もたくさんあり、好きである気持ちは変わらなかったので

時間が心のわだかまりを解決してくれるだろうと思っていた。

でも・・。交際が10年を超えて彼からプロポーズをされたとき、全くうれしくなかった。

それよりも、モヤモヤとしたこの気持ちをこれから先もずっと持ち続けていかなければ

ならないのかという思いの方が強かった。

双方の両親にも挨拶を済ませており、いつ結婚するんだ?孫の顔が見たいなどと

言われることも多くなっていた。

そんな時、同じ社内で好意を持っていた男性から交際を申し込まれた。

宙ぶらりんな気持ちのまま、時間だけが過ぎていった。

彼は式場を選ばないとねという話をしている。

自分からは彼に別れを言い出せない・・。

もう一度彼に落ち度ができてくれれば、別れ話ができると考えたのが本郷さんがご依頼された動機である。

今回の対象者は近藤真一氏(仮名・33才・メーカー勤務)という男性である。

早速、工作員を接触させるにあたって接触ポイントを見つけるために近藤氏の行動パターンを

探る調査である事前調査をスタートさせる。

朝7時より近藤氏自宅付近にて張り込み開始。

近藤氏の自宅は都内の繁華街に近い10階建てマンションである。

7時28分 グレーのスウェット姿で1階のごみ置き場にごみを捨てに出てきた近藤氏を確認。

8時12分 スーツ姿の近藤氏が自宅マンションを出て、徒歩で最寄り駅に向かう。

耳にはイヤホンを装着。リュックを背負い、スマートフォンを操作しながら歩いていく。

8時18分 駅に到着。勤務先方面行きの電車に乗車。

8時36分 勤務先最寄り駅にて下車。改札横のトイレに入る。

その後、改札を出て駅ビル内のコンビニでコーヒーとサンドウィッチを購入。

8時48分 勤務先ビルに入っていくのを確認。

こちらの会社は社員食堂があり、彼も利用するという情報を本郷さんより頂いているので

一旦撤収して退社するタイミングから尾行することとする。

17時40分 再び勤務先付近より張り込み開始。

18時37分 近藤氏が同僚たち(男性3人・女性2人)と勤務先を出てくる。

18時55分 駅付近で同僚たちと立ち話をした後、一人で駅構内に入っていく。

電車内では朝と同様にイヤホンを装着して、スマートフォンを操作している。

19時19分 自宅最寄り駅に到着。駅ビルの地下にあるスーパーマーケットに入店。

店内ではお惣菜数点と缶酎ハイ数本をカゴに入れているのを確認。

19時31分 同店を出て自宅方向に歩いていく。

19時36分 自宅マンションに到着。

その後状況に変化なし。

23時過ぎに部屋の明かりが消えたのを確認したので調査を終了する。

他の曜日も何度か調査を実施したものの、同じような行動パターンであった。

調査期間を終えて、接触開始のタイミングとなる。

担当員は工作員の選定作業に入る事となる。

次回、「別れたい」ずるずる続く関係~別れさせ屋工作③へ続く。

 

<<    >>
トップへ戻る