ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/「別れたい」ずるずる続く関係~別れさせ屋工作④
探偵のお仕事ブログ

「別れたい」ずるずる続く関係~別れさせ屋工作④

 依頼人本郷さんと交際10年になる婚約者近藤氏は表面上は結婚に向けて

動き出している。

式場を見学に行ったり、式に誰を呼ぶかなどの話しはデートする度に出ていた。

本郷さんはこのまま流れに任せて結婚してしまうのではないかと焦りに似た

気持ちで、この期間を過ごしていた。

しかし近藤氏は女性工作員AYAさんとの関係構築するために、AYAさんへマメにLINEや

電話をしていたのである。

担当員から順調であるという報告を受けていたので、平静を装って彼と接することが

できたのである。

そして本郷さんも交際を申し込まれた同僚との関係構築をスタートさせていた。

同僚と会っている時間が唯一の心の安定だった。

工作員AYAさんは「この前のお礼に今度ご馳走させてください。何か苦手なものはありますか?」

というメッセージを送る。

「えっ!東京に来る予定あるの?そんな気にしなくていいのに・・・。」という近藤氏の返信。

「はい!来週東京に行く予定があるので近藤さんにお会いしたいなって・・。」と送るAYAさん。

「じゃあいいお店知ってるから、予約しておくよ!」と近藤氏から返信がある。

そして当日・・。

仕事を定時に退社した近藤氏は小走りに駅まで向かい、待ち合わせの店のある街に到着した。

19時に待ち合わせなのに近藤氏は18時30分には到着していた。

駅のトイレで髪型を直し、歯を磨く近藤氏を確認する調査員。

19時に待ち合わせしているお店にAYAさんが到着。

お店の前で待っていた近藤氏と合流して店内に入っていく。

お店は個室居酒屋でお魚がおいしいお店である。

ビールから始まり、焼酎、日本酒とお酒を大量に飲む二人。

工作員AYAさんはお酒に強いので全く平気だったが、近藤氏は目がうつろになっていた。

「AYAちゃんはかわいいからもてるでしょ?本当に恋人いないの?」と何度も

同じことを聞いてくる近藤氏。

「えぇ私全然モテないですよ・・・。近藤さんこそモテるでしょ?こんなに飲んで彼女さんに

怒られないですか?」と聞くと、「彼女・・?」と少し間を空けて「彼女なんかいないよ。いたら

女の子と二人で飲みに行ったりしないよ。」と言ってくる。

「えぇそうなんですか、じゃあ立候補しちゃおうかな・・。」とAYAさんが言うと

「AYAちゃんなら合格!」と言い出す近藤氏。

その後21時過ぎまで飲んでお店を出た二人は腕を組んでカラオケ店に行き、再び盛り上がる。

カラオケ店内で近藤氏はAYAさんに密着しながら機嫌よく若い人向けの歌を歌っていた。

23時過ぎにカラオケ店を出て、駅前で二人は離れる。

近藤氏は「俺の家に泊ればいいのに・・。」としつこかったが、東京の親せきの家に泊ることに

なってるから怒られちゃうと言って、何とか解放される。

今回彼女がいないという言質がとれたので、それを基に最終的な工作を考えることとする。

次回、「別れたい」ずるずる続く関係~別れさせ屋工作⑤へ続く。

<<    >>
トップへ戻る