ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/もう耐えられない!~主人と別れたいんです(4)
探偵のお仕事ブログ

もう耐えられない!~主人と別れたいんです(4)

やきとり屋での出会いから3週間ほど経過した。

その後、SIORIさんとご主人とのデートは

週に2回ほど、メールや電話は昼夜問わず行なわれている。

ご主人の事は伸ちゃん、SIORIさんの事はシオと呼び合っている。

依頼者である奥さんの恵子さんは

家庭でのご主人の変化に驚いている。

・香水をつけるようになった。

・やさしくなったり、怒ったりと感情の起伏が激しい。

・携帯はロックして、常に持ち運んでいる。

・夜コンビニに出かける事が増えた。

工作員SIORIさんに対してご主人はバツイチで独身であると

言っている。

SIORIさんの感触ではご主人は最初遊びというスタンスでの関係

だったが段々と行動チェックなどをされて束縛されつつあるとの事。

ここで依頼者である恵子さんと最終的な局面に向けて

打ち合わせを行い、少しご主人を懲らしめたいという意識から

家族でお買い物をしている途中で、ばったりSIORIさんが遭遇する

という展開を挟む事になる。

次の日曜日のこと・・・

ご主人・恵子さん・息子さんの3人は食材を買いに

近くの大型ショッピングセンターに向かった。

すでにSIORIさんはスタンバイOK!

息子さんを抱っこしながら、お菓子コーナーをブラブラするご主人。

恵子さんは少し離れた、精肉コーナーでお肉を選んでいる。

SIORIさんが買い物カゴを持って店内に入る。

ご主人がお菓子コーナーを横切るSIORIさんを目撃・・・

息子さんを抱っこをしたまま、急ぎ足で恵子さんのところに向かう。

恵子さんに息子さんを託したご主人は、携帯電話が鳴ったフリをしながら

店外へ走っていく。

それを予測していたSIORIさんは既にお店の外に出ていて

露店でたこ焼きを買っているところであった。

急いでお店の外に出てきたご主人を見たSIORIさんは

「あれっ、伸ちゃん・・慌ててどうしたの?」と

声をかける。

ご主人はビックリして持っていた携帯電話を一度落としながら

無理矢理の笑顔を作って、「お・・おお・・んん」と声にならない返事を

返してくる。

次回、もう耐えられない!~主人と別れたいんです(5)へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る