ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/信じ過ぎてしまった代償~不倫関係を解消したい(1)
探偵のお仕事ブログ

信じ過ぎてしまった代償~不倫関係を解消したい(1)

今年もあと2ヶ月足らず・・。

年内に悩みを解消したいという方も多いのでは

ないかと思います。

今回は不倫関係を解消したいという方からの

ご相談です。

東京都にお住まいの佐藤健吾さん(仮名)

36才 某アパレルメーカーにお勤めの方です。

佐藤さんは結婚8年目で小学生と幼稚園のお子さんが2人おり

昨年郊外にマイホームを購入されました。

今から3年ほど前、奥様との関係があまりうまくいっていなかった

時期があり、たまたま行った風俗店の女の子と仲良くなって

お店以外でもプライベートで会うようになったそうです。

最初は家庭がうまくいってなかった寂しさを埋めるだけの存在として

接していたが、彼女の献身的な接し方に触れていくにつれ

どんどん本気になっていった。

不倫関係が1年を過ぎた頃、彼女は佐藤さんに離婚を

望むようになり、佐藤さんも離婚に向けての話し合いを

奥様と持つようになっていった。

その際、佐藤さんは彼女に風俗店を辞めるように約束する。

彼女は約束した次の日には勤務していた風俗店を退職。

離婚に向けての話が順調に進んでいたある日、

彼女の行動に不審な点があり、彼女の携帯電話をチェックすると

別の風俗店に不定期で勤務している事が発覚。

離婚をして、彼女との未来を真剣に考えていた佐藤さんは

裏切られたという意識から、一気に彼女に対しての愛情が

醒めていくのを感じたそうです。

彼女に、まだ風俗やってるの?と問い詰めると

彼女は開き直ったように、人が足りなくてどうしようもないっていう時だけ

出勤している事を認めた。

約束と違うじゃないか、もう別れようと佐藤さんは詰め寄ると

もう風俗はしない、別れたくない、別れるなら会社や家族に

全部バラすなどと、佐藤さんを脅すような態度をとる。

その別れ話から1年半が経過し、彼女との関係を切れない

佐藤さんは弊社に相談に訪れたのであった。

彼女は現在でも堂々と風俗店で働き、佐藤さんが別れ話をすると

じゃあ全部バラすという態度である。

腫れ物を触るような接し方をしながら、離婚問題にまで発展していた

夫婦関係も、何とか修復する事ができている状態である。

奥様には彼女の事はバレていない為、何とかスムーズに別れたいという

ご依頼でした。

さっそく彼女の行動パターンを追うべく、調査スケジュールが

組まれる事となる。

次回、信じ過ぎてしまった代償~不倫関係を解消したい(2)へ・・・続く

<<    >>
トップへ戻る