ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/信じ過ぎてしまった代償~不倫関係を解消したい(4)
探偵のお仕事ブログ

信じ過ぎてしまった代償~不倫関係を解消したい(4)

今回の工作員として一人の男をリストアップした。

工作員KEN氏 36才 185センチ

元モデル 劇団俳優 メガネがよく似合う知性派

服を脱ぐと鍛え上げられた肉体

さっそく担当員は佐藤さんの案件の詳細を

KENさんに伝え、予備知識を工作日までに

頭に入れてもらうことになる・・・。

迎えた当日、対象者金子氏の出勤を確認した担当員は

さっそくKENさんに予約を入れるよう指示する。

ネット上に勤務女性の写真を見る事が出来るが

修正されている為、対象者を特定することはできない。

その為、初めてのお客さんが電話でいきなり指名するのは

不自然であると感じたKENさんは

まずお店に電話を入れ、事務所に出向き

そこで見せてくれる勤務女性たちの写真を元に

対象女性金子氏(源氏名:あき)を指名する。

それほど人気がある女性ではないようで

指名した後、10分ぐらいでホテルに向かわせますので

先にホテルにチェックインしていて下さいと男性スタッフに

促される。

KENさんは言われるがままに近くのホテルに

チャックインし、部屋番号をお店に伝える。

・・・10分後、「あき」こと金子氏がKENさんがいる

ホテルの部屋をノックする。

KENさんはドアーを開け、金子氏を部屋に招き入れる。

シャワーを浴びるため、KENさんが服を脱ぐと

金子氏はマジマジとKENさんの身体を見て

「すごい」と呟く。

・・・その後、通常の流れでの業務が行なわれ

1時間の延長をして、色々な話をする。

KENさんはIT系の会社を経営しているという設定である。

最近経営状況がよくないなどの悩みを打ち明けつつ

金子氏の悩みも聞くスタンスで接するのであった。

プライベートを一緒に過ごす男性はいるが(おそらく佐藤さん)

結婚をしている為、あまりあてには出来ない。

別れ話もされている為、関係は終わっているけど納得できないなど

初めて会ったKENさんに愚痴る金子氏が印象的であった。

そろそろ時間となり、帰り間際にお店には禁じられているが、

金子氏は個人的な連絡先をKENさんに伝え、

KENさんもアドレスと電話番号を金子氏に伝える。

ホテル前で金子氏と別れ、KENさんは

担当員が待機している車に戻ってくる。

車にのってホテル内での出来事を担当員に

報告している最中に金子氏からKENさんに

メールが入る。

「今日はありがとうございました

もしよかったら、来週お時間ありませんか?

お店ではないところでお話をしたいです。」

という内容であった。

金子氏の気持ちを掴みつつあるKENさんは

来週のスケジュールを金子氏に伝え、会う約束を

するのであった。

次回、信じ過ぎてしまった代償~不倫関係を解消したい(5)へ・・・続く

<<    >>
トップへ戻る