ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/ストーカーとの別れ・ネット出会い~別れさせ工作(4)
探偵のお仕事ブログ

ストーカーとの別れ・ネット出会い~別れさせ工作(4)

対象者である志村氏の行動は、その日の気分によって

変わることが多かった。

防犯グッズ店での接触を考えていた担当員は

2回ほど店内に工作員チエさんを待機させていたが

空振りに終る。

既に店員さんと仲良くなっていたチエさんは

その時間を利用して、盗聴器の性能などの知識を

どんどん吸収していく事となる。

そして3度目の正直という気持ちで、チエさんを

防犯グッズ店に待機させ、調査員が志村氏の会社前で

張り込みを行う。

会社から出てきた志村氏は、目付きがいつもより悪く

足早に駅へと向かった。

前日に依頼人である落合さんと、壮絶な言い争いを

繰り広げたことを予め聞いていた担当員は「今日は動く!」と感じていた。

志村氏は落合さんの会社近くまで移動し、付近を1時間ほど

ウロウロしながら落合さんが出てくるのを待っていた。

落合さんには、現在の状況を知らせてあったため

いつもとは違う出口より、会社を出ていたため遭遇することなく帰宅する。

メールのやり取りで、落合さんが帰宅した事を知った志村氏は

秋葉原へ向かうのであった。

駅を降りた志村氏は、防犯グッズ店にまっしぐらに歩いていく。

店内でチエさんと話し込んでいた店員さんに、高性能の発信機について

質問を始める志村氏。

商品知識がばっちり、頭に入っているチエさんも

その会話の中に入ってアドバイスなどを行う。

志村氏は最初チエさんを店員だと思っていたが

2人で様々な話をするうちに、同じ考えを持つ同士と思い始めていた。

2人は同じ商品を購入し、連絡先の交換を行った上で

お店前で別れる。

それから1週間メールのやり取りが頻繁に行われ

志村氏はチエさんのことをチエ姉さんと呼ぶまでの関係を構築していくのであった。

そして何度か食事に行き、信頼関係を深めて行く事に終始する。

そろそろ男性工作員を登場させる時期となる。

次回、ストーカーとの別れ・ネット出会い~別れさせ工作(5)へ続く

<<    >>
トップへ戻る