ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/別れたいのに別れられない~同棲解消の別れさせ工作(3)
探偵のお仕事ブログ

別れたいのに別れられない~同棲解消の別れさせ工作(3)

ご自身が別れたいという案件の場合、対象者の情報や

趣味嗜好・好みのタイプを依頼者様より正確に伺うことができますので

工作員設定をしやすいと言えます。

今回の佐藤様の案件対象者である樋口氏の行動パターンは

自宅→勤務先→スーパー→自宅という単調な動きである。

今回は樋口氏があまり男性慣れしていなく、人見知りである事から

勤務先からスーパーまでの間で女性工作員を接触させて

友人関係を築き、男性工作員を紹介していくという流れとなった。

ご依頼された際に、佐藤様から伺った樋口氏の趣味はただ一つ・・・

熱狂的な某お笑い芸人さんのファンであるということである。

樋口氏の携帯電話の待受画像はもちろんのこと、ストラップ

パソコンの画面、通販でのグッズ収集と、そのお笑い芸人さんへの

熱がすごいのである。

佐藤様と出会う前までは、一人でも頻繁にお笑いライブに通う程の

ファンなのである。

その情報を利用して女性工作員が接触することとなった。

今回接触することになった女性工作員は・・・

MIKAさん(32才 元劇団員 大阪出身)である。

お笑いに深く精通しているMIKAさんに打って付けの案件である。

電車の中で接触を行ったMIKAさん。

2分後には昔からの友人のように樋口氏と話し込んでいた。

電車内で立って携帯電話のメールをしていた樋口氏の隣に

MIKAさんも立ち、同じように携帯電話でメールをする。

樋口氏がチラッとMIKAさんを見ると、自分の携帯電話に付いている

ストラップと全く同じものを付けているのに気が付き、思わず二度見するのであった。

そのタイミングをMIKAさんは見逃さずに、「〇〇さん好きなの?」と話しかけると

樋口氏は「好きも何も・・・」と語りだすのであった。

同じ駅で降りた二人は連絡先の交換を行い、一緒にお笑いライブを

見に行く約束をして、別れるであった。

次回、別れたいのに別れられない~同棲解消の別れさせ工作(4)に続く。

<<    >>
トップへ戻る