ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/束縛男にうんざり|上手に別れるための別れさせ屋②
探偵のお仕事ブログ

束縛男にうんざり|上手に別れるための別れさせ屋②

依頼人岡山さんは束縛男と円満に別れることが希望である。

早速担当員を選任して事前調査のスケジュールを組むこととなった。

対象者は尾形聡(仮名・43才・派遣会社勤務・バツイチ・前の奥さんとの間に子供がいるが

奥さん側が子供を引き取っている。)

午前6:00対象者自宅前より張り込み開始。

対象者自宅は12階建ての分譲マンションで結婚していた当時に購入。

岡山さんにこの家に引っ越して来いと言っているが、子供の幼稚園の都合という

理由で断り続けていた。

6:15対象者自宅マンションより、上下スウェット姿の尾形氏がゴミ袋を持って出てくる。

近所の人が「おはようございます」と挨拶してくるが、尾形氏は軽く頷いて自室に戻っていく。

7:32スーツ姿の尾形氏が自宅を出て、最寄駅方向へ歩いていく。

7:51最寄駅より電車に乗る。

8:21勤務先最寄駅にて電車を降り、駆け足で階段を下りていく。

駅を出た尾形氏は立ち食いそば屋に入る。

8:38立ち食いそば屋を出て、勤務先が入っているオフィスビルに入っていく。

勤務先ビルは複数のテナントが入る15階建ての商業ビルである。

多くの人が出入りしていて、出入り口は駅側正面とビル側面に一箇所である。

夜21時を過ぎると正面入口は閉鎖され、警備室が併設されている側面の出入り口のみが

通行可能となっている。

その後、しばらく動きなし。

12:04尾形氏が勤務先ビルを一人で出て、近くの牛丼店に入る。

12:21食事を終えて、牛丼店を出てくる。

12:24コンビニに入り、雑誌を立ち読み。

読んでいるのは漫画雑誌である。

12:45コンビニで飲み物を購入後、コンビニ前で喫煙。

12:51勤務先ビルに戻っていく。

その後しばらく勤務先ビルより対象者の動きを見ることはできない。

19:50尾形氏が勤務先ビルを1人で出て、駅方向に歩いていく。

19:54駅より電車に乗車。電車内ではスマートフォンのゲームをやっている。

20:25自宅最寄り駅にて下車。自宅方向へ歩いていく。

途中電話をかけている様子が見られるため、確認すると相手は依頼人岡山さんであった。

時折大声で、「今どこにいんだよ。」と尾行している調査員に聞こえてくる。

20:40自宅近くのコンビニに入り、お弁当を購入。

20:50自宅マンションに入っていく。

自宅に帰ってから岡山さんに対しての電話攻撃が始まり、23時頃まで続く。

23:41尾形氏宅の明かりが消えたため、この日の調査を終了とする。

平日の他の日も何日か調査を行ったが、同じような行動しか見られなかった。

また、対象者が同僚などと一緒にいる場面を一度も見られなかったことや

マンション住人への挨拶の仕方などを見ると社交的ではない様子がわかった。

その鬱屈を依頼人岡山さんにぶつけていると考えるのが妥当と言えるであろう。

岡山さんの立場で考えるとたまったものではない。

早速、担当員は工作員の選定作業に入り、工作のスケジュールを組むこととなる。

次回、束縛男にうんざり|上手に別れるための別れさせ屋工作③へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る