ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/束縛男にうんざり|上手に別れるための別れさせ屋④
探偵のお仕事ブログ

束縛男にうんざり|上手に別れるための別れさせ屋④

工作員MIKUさんは3人目の工作員である。

対象者尾形氏の警戒心の強さや、閉鎖的な性格が災いして

1人目2人目の工作員になびかなかったのである。

3人目のMIKUさんは尾形氏の大好きなアニメキャラクターを

きっかけに突破口を開いたのである。

メールアドレスの交換をしたMIKUさんに尾形氏から届いたメールを

見せてもらうと、アニメキャラの絵文字がふんだんに使用された

特殊なメールであった。

1日に10から15通の他愛もないメールを繰り返すこと1週間・・・。

急に尾形氏から「お会いしましょう。」というメールが届いた。

尾形氏はMIKUさんと出会ってから、依頼人岡山さんへの接し方が

柔らかくなったそうで、岡山さんは少しずつ別れさせ屋工作の効果を実感していた。

MIKUさんは尾形氏の予定に合わせて会うこととなった。

そして当日、待ち合わせ場所である秋葉原駅前にてMIKUさんと尾形氏は

合流して、複数のアニメグッズのお店やメイド喫茶、ゲームセンターなどを

巡っていった。

尾形氏の表情は通勤時とは全く違い、生き生きとしていた。

フィギュアを数点を購入した尾形氏とMIKUさんは、隣の神田駅まで

足を延ばし、居酒屋に入る。

半個室タイプの居酒屋で、尾形氏が「今日の戦利品公開~」とテンションを上げながら

購入したフィギュアをテーブルに並べるのであった。

引いてしまう気持ちをグッと抑えたMIKUさんは、尾形氏と同じようにテーブルに

今日買ったフィギュアを並べ、それぞれ買ったものを褒め合うのであった。

それから2時間ほどお酒を飲み、尾形氏は完全に酔っ払っていた。

MIKUさんに甘えるような態度をとっていたので、MIKUさんは「よしよし」と

尾形氏を撫でてあげる。

その日は終電で尾形氏は帰るが、帰りの電車内で「もっとMIKUさんと一緒にいたい」という

メールを送っていた。

その日を境に毎日のようにあった岡山さんへのメールが1週間に1回に激減したのである。

MIKUさんと担当員はそろそろ工作の仕上げに入るべく、岡山さんを交えて打ち合わせを

行うこととなった。

次回、束縛男にうんざり|上手に別れるための別れさせ屋工作⑤へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る