ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れたい/周りから応援されている関係だけど別れたい|別れさせ屋工作⑥
探偵のお仕事ブログ

周りから応援されている関係だけど別れたい|別れさせ屋工作⑥

対象者岩村氏と工作員RIEさんがスノーボードをしに行くことが

決まり、その日に向けて担当員と依頼人今井さんは最終的な打ち合わせを

行う事となった。

今井さんは岩村氏から来週の週末は泊まりで出張があるから会えないと

言われていた。

彼がついたこの嘘が、今井さんの別れたいという気持ちを揺るぎない確固たるものにした。

担当員と今井さんとの打ち合わせが終わり、いよいよXデーを待つこととなる。

そして・・・当日・・・。

岩村氏は自家用車にRIEさんを乗せて、スキー場にやってきていた。

午前中から2人でゲレンデを滑り、お昼を食べて15時に予約していたホテルにチェックイン。

荷物だけを部屋に置いて、2人は再びゲレンデに戻った。

その頃、今井さんは岩村氏がチェックインしているホテルに今井さんのご両親、弟さんと

一緒に到着。

ご家族には結婚前の最後の家族旅行として温泉が有名なこのホテルにやってきていたのである。

もちろん今井さんは岩村氏がこのホテルに泊まっていることを知っている。

そして夕食の時間・・・。

バイキング形式の夕食会場に依頼人今井さん一家がやってきて、各々好きなものを

自分のお皿に盛り付けている。

そして家族がテーブルに揃い、ビールで乾杯を始める。

そこで今井さんの弟さんが「あれ?あそこにいるの岩村くんに似てない?」と

指差しながら言い出す。

その言葉を受けて、家族の視線が向けられた指先を辿ると、知らない女性と仲良さそうに

バイキングコーナーを見て回っている岩村氏がいた。

今井さんの父親が黙って席を立ち、岩村氏の所に近づいて行く。

RIEさんとの会話に夢中になっている岩村氏は全く気がついていない。

今井さんのお父さんが岩村氏の背後からガッと肩を掴むと、岩村氏が「イテッ」と言いながら

後ろを振り向く。

岩村氏は今井さんのお父さんと目が合うと、現実を理解できていないのか

「痛いな、何するんだよ・・。」と逆ギレしてくる。

「お前、娘には出張って言って、ここで何やってるんだ?」と静かに

話す今井さんのお父さんは少し震えていた。

岩村氏はこの時にようやく事態を理解する。

テーブルに突っ伏して泣いている今井さんの姿や、その今井さんの背中を

さするお母さん、今にも掴みかかろうとしている今井さんの弟さんなど姿が

目に入ってくる。

近くにいたRIEさんが「どなたなの?」と岩村氏に聞いてくる。

お父さんは「がっかりだ。」という言葉を残して家族が待つテーブルに戻っていく。

岩村氏はRIEさんをその場に残し、今井さんのテーブルに行って泣きながら

謝罪するが、今井一家は黙って席を立ち自室に戻っていった。

残された岩村氏のところにRIEさんが近寄り「彼女いないはずじゃなかったの?

何あれ?何で謝っていたの?」と矢継ぎ早に質問をすると岩村氏は

「ゴメン、俺先に帰る。」と行って自室に戻り荷物をまとめてチェックアウトして

いった。

残されたRIEさんは一人部屋に泊まり、翌日調査員と共に東京に帰っていった。

その事実はその日のうちに岩村氏の両親にも伝わり、二人の結婚の話は

流れることとなった。

全ての工作が終了して今井さんの気持ちはスッキリ半分、申し訳ない気持ち半分と

いった状態であった。

とにかく、彼との結婚が流れ、今井さんは新しい道を歩むこととなった。

周りから応援されている関係だけど別れたい|別れさせ屋工作・・・終わり。

<<    >>
トップへ戻る