ホーム/探偵のお仕事BLOG/確かめ工作事例/離婚決断の前に~自分の気持ちを確かめたい(5)
探偵のお仕事ブログ

離婚決断の前に~自分の気持ちを確かめたい(5)

カラオケでの工作の後、正夫さんは慣れないメールを

必死に覚えてMIZUHOさんとコンタクトを取るのであった。

依頼者である奥さん(靖子さん)にお話を伺うと

自宅内でも頻繁に携帯電話を気にして、

毎朝出かける際の髪型や身だしなみにも気を付ける

ようになった正夫さん。

変に優しくなったり、怒ってみたりと不安定な

様子らしい。

MIZUHOさんのところに届くメールや電話は

一日20回ほど、最初は句読点が無く読みづらかったメールも

最近は絵文字が入るようになってきたとの事であった。

カラオケから4日後の火曜日の朝・・・

自宅を出る正夫さんが靖子さんに、

「今日は残業になりそうだから、遅くなると思うよ」

と言葉をかける。

今日がMIZUHOさんとデートをする日である事は

担当員が前もって知らせてあるので、

正夫さんの発言に納得する靖子さん。

18:31 勤務先を出てきた正夫さんは、待ち合わせ場所である

     「みやび」近くまで駆け足で向かう。

     既にスタンバイしているMIZUHOさんは正夫さんを見つけると

     手を振って迎える。

そのまま店内に入り、約1時間半ほどママさんを交えて熱唱する。

20:14 「みやび」を出た二人は腕を組みながら

      商店街を歩き、ラブホテル街へ向かっていく。

20:21 一軒のホテルに二人は入っていく。

22:38 お風呂上りなのか、髪の毛が塗れた正夫さんと

      MIZUHOさんがホテルから出てくる。

      通りかかったタクシーを止め、二人は乗り込む。

      車内でチュッチュッしている様子を尾行している

      バイク調査員が確認、映像として残す。

22:52 最初に接触した郵便局前で二人はタクシーを降りる。

      名残惜しそうにMIZUHOさんの手を握りっぱなしの正夫さん。

      約10分ほど立ち話をした後、二人は別れる。

      MIZUHOさんの姿が見えなくなるまで手を振り続ける正夫さん。

23:08 完全にMIZUHOさんの姿が見えなくなったのを確認して

      正夫さんは大急ぎで会社に戻り、自転車に乗り込む。

      自宅方向へ立ち漕ぎで自転車を走らせる正夫さんは

      髪の毛を乾かすように手櫛で何度も髪を掻きあげる。

23:35 自宅前に到着した正夫さんは、しきりに身体の匂いを嗅ぐ様な

      行動をした後、自宅内へと入っていく。

その後、何度かMIZUHOさんと正夫さんは逢瀬を重ねて行く事になるが

デートの報告をする毎に依頼者である靖子さんに

ちょっとずつ気持ちの変化が現れてきたようである・・。

次回、離婚決断の前に~自分の気持ちを確かめたい(6)へ続く・・。

<<    >>
トップへ戻る