ホーム/探偵のお仕事BLOG/出会い工作事例/春の訪れ~出会い工作④
探偵のお仕事ブログ

春の訪れ~出会い工作④

工作員KENさんと対象者である宮本氏は各地の山々へ行く度に

信頼度が上がっていった。

というよりも、KENさんの山の知識を宮本氏が尊敬の念で

見るようになったのが非常に大きい。

この関係性で宮本氏のプライベートを聞くことは簡単であった。

宮本氏は学生時代に恋人はいたが、就職を期に別れることになってしまい

その後は一度も交際に至った人は出来なかったそうである。

盆や正月に実家に帰ると、親がいつ孫の顔を見せてくれるのかとか

恋人の一人も連れてこないねと言われたり、お見合いの話を持ってくることも

あったそうだが、最近は段々言われなくなってきたそうである。

昔の恋人を引きづっているわけでもなく、好きな人がいるわけでもないが

自分からアピールすることが苦手だし、仕事も決められたことさえしていれば

いいという性格なので、ズルズルとこの歳まで一人いることになってしまったそうである。

もちろんいい出会いがあれば歓迎ですけど、こんな私を好きになってくれるような

物好きはいないでしょうからね・・。と自虐的に笑う宮本氏。

KENさんは「そうかな、宮本君は物腰も柔らかいし、優しいからモテそうなんだけどね。

今度、他の山仲間も連れてくるから交流を深めてみてよ。」と言うと

「はい、KENさんのお仲間なら間違いないでしょうからね。頑張ってみます。」と

宮本氏は乗り気な態度で返事してくれた。

依頼人佐々木さんは比較的低い山を楽しむ練習を続けており、山登りで得られる達成感や

見たことのない風景の感動など少しずつではあるが、山が好きになってきていた。

そろそろ、仕上げに入るころである。

KENさんの山仲間の一人として、佐々木さんに登場頂くこととなる。

次回、春の訪れ~出会い工作⑤へ続く。

<<    >>
トップへ戻る