ホーム/探偵のお仕事BLOG/出会い工作事例/憧れの芸能人と会いたい
探偵のお仕事ブログ

憧れの芸能人と会いたい

誰にでもあるでしょう。

憧れの芸能人に会いたい。

しかし、一般の方には高嶺の花、未知の世界、アナザーワールドです。

いやでも、どうしても会いたい。会いたくてしょうがない。

そんな方が探偵社に来て、工作をしてくれと依頼してくるのです。

その中の一例をあげましょう。

依頼者は、40代前半の女性で、中小企業の社長をしてらっしゃる方でした。

お名前(仮名)は、岡山 好子さん。

所在地は関西の高級住宅地、神戸の芦屋。

結婚はされていましたが、ご主人は2年前に他界。子どもはいません。

そんな岡山さんが尋ねてきたのは、9月の残暑が残る、まだ暑い日でした。

問い合わせの段階では、

出会い工作とは、芸能人も逢わせる事ができるのか?

と、不安の面持ちでした。それはそうでしょうね。

誰しもが会いたいと願う、

憧れの芸能人にそんなに簡単に会わせてもらえるのかどうか?

しかし、我々は依頼を断る事はありません。

お客様の為に、100%の力を発揮し、尽力します。って、当たり前ですね。

初めてお会いした時は、社長をしてらっしゃるだけあって、

貴婦人という感じを受けました。

挨拶を済ませ、相談内容に話がいくと、神妙な面持ちになり、

「私は、10年もAさんの事が好きで好きでたまらないのです!!」

(名前をAとしました。が、イニシャルでもなんでもないです。)

と、声を張り上げて言い出したのです。

お顔合わせが事務所だったので、ほっとしました。

Aさんとは、昔はアイドルとして有名になった方で、

今は俳優として活躍されておられます。

どうやら、アイドル時代にファンになり、

当時はずっと追っかけをしていたそうです。

旦那さんが他界し、お子さんもいなく、

仕事も任せられる社員ができて、安定期に入っている。

自分の幸せは何かを考えていたら、

Aさんに一度でもいいから、お会いしたい。

っと、思ったらしく弊社に依頼するにいたったそうです。

依頼を受ける前に工作手順を依頼者に説明しました。

今回ターゲットは男性なので、女性の工作員を用意し、

工作員をターゲットがよくいく居酒屋、

又は、ファンを装い近づくなどの接触をし、仲良くなり、いずれ岡山さんを紹介する、

というかたちをとることを岡山さんに説明しました。

岡山さんもこれでOKを出し、依頼成立となりまして、

いざ工作にはいることになりました。

まずはどこの事務所の方なのか?

これはすぐに判明します。ていうか、誰でもわかりますね…。

その後、スケジュールの把握をします。

おおよそは、レギュラー番組などの数、

インターネット等で調べればわかります。

しかし、スケジュールを把握したものの、

この方は地方に行くことが多く、それが大変でした。

工作をするのには、

やはりいつも同じ行動をとってくれるターゲットのほうがやりやすいからです。

とはいえ、いつもどういう行動をとるのか?

を知らないといけないので、最初の2週間は行動調査を開始しました。

そこで、いつもとあるレギュラー番組の終わりに、

打ち上げを行うお店を発見しました。

お店といっても、雰囲気のいい居酒屋。

やはり芸能人と言えますかね。

そこに、女性工作員を当てることにしました。

しかし、芸能人に近づくには、なかなか難しいです。

とりあえず、お店に調査員をいれ現状の把握をさせました。

お店は、打ち上げをするAさんとスタッフだけで、ほぼ貸切状態でした。

そこで、女性工作員3人を用意しておいたので、全員一緒にいかせました。

女性工作員が入った瞬間、全員が見たそうです。

スタッフは男ばかりのあつまりで、10人ぐらいでした。

女性工作員の1人に、わざとAさんを発見したふりをして、あぁ!ファンなんです!

と寄るように仕向けさせました。

男性ばかりのスタッフですから、女性3人もくれば喜ばれるものです。

そこで、一緒に飲もうとディレクターの方がいってくれたらしく、

うまく近づくことができました。

しかし、今回の工作は出会い工作です。

一回ここで仲良くなってもいいですが、あまり仲良くなりすぎて、

工作員の事を好きになられるのも困ります。

3人の工作員のなかで、Aさんに一番近づいた工作員に、

Aさんと携帯の連絡先の交換をし、今度合コンをする約束をさせました。

Aさんも悪い気はしなかったようで、それから、2週間後、合コンは成立しました。

岡山さんにそのことを話すと、非常に喜んでいて、涙を流していました。

岡山さんに合コンに来てもらい、ここで依頼が成立しました。

結果、お会いすることが叶うことになりました。

その後のことは、我々は定かではありませんが、

合コンから一夜明けた朝に、

夢を叶えてくれて、本当にありがとうございました。

と、おっしゃっていただけました。

<<    >>
トップへ戻る