ホーム/探偵のお仕事BLOG/出会い工作事例/友達関係からの脱却~出会い・お付き合い(1)
探偵のお仕事ブログ

友達関係からの脱却~出会い・お付き合い(1)

歳が明けて心機一転、何かを始めたい、

何かを終わらせたいなどの目標を持ちやすい

時節です。

今回、ご紹介しますのは心機一転

友達関係が長く続いていた彼と、次のステップである

彼氏彼女の仲になりたいという目標を掲げた方の

お話です。

神奈川県にお住まいの水野奈々さん(仮名)27才の

女性で、都内で音楽教室の講師をされている方からの

ご依頼です。

水野さんは大学生の時から、お互いに相談し合う

柴田勇次さん(仮名)という同い年の男性がいました。

それぞれに彼氏、彼女がいましたが、恋愛、就職などで悩み事が

あると自分の悩みのように一生懸命解決策を考えてくれる彼を

男性として意識し始めたのは社会に出て1年目の22才当時・・今から5年ほど

前の事でした。

学生の時に一度だけ彼から告白をされた事があったが

当時水野さんには彼氏がいて、柴田さんをフッてしまっていたのである。

友達関係が壊れるのがイヤだから、これまで以上に

お互いに仲良くしていたが、その内に柴田さんにも

彼女ができて、応援しあう形へと変化していったのでした。

社会に出て不安でしょうがなかった時期に、水野さんは

付き合っていた彼にフラれてしまい、精神的に不安定な状態と

なってしまった。

その時に親身になって話し相手になってくれた柴田さんに

随分助けられたそうです。

柴田さんに対する気持ちが、恋愛感情へ変った時期でした。

思い切って、22才の水野さんは柴田さんにその思いを

伝えましたが、今度は柴田さんに彼女がいた為

断られてしまう事に・・・。

その後、何となく気まずくなってしまった二人は

メールや電話での交流は続けるものの、学生時代のような

親密な関係では無くなってしまったのである。

現在でもお互いの近況を報告しあう仲ではあるものの

彼女がいるのか?私への気持ちは?など聞きたい事が聞けない

のであった。

彼が転勤で静岡に行ってしまった事もあり、約3年ほどは

会っていない状態である。

もう一度気持ちを伝えたいけど、相手の気持ちや状況も

知りたい。気持ちを伝える事によって今の関係すら終わってしまうのは

どうしてもイヤなのである。

そんな時に弊社のホームページを見つけられて

ご相談にいらっしゃいました。

さっそく今後の方向性を決めるべく、調査スタッフが

静岡へと飛んだ・・。

次回、友達関係からの脱却~出会い・お付き合い(2)へ続く・・。

<<    >>
トップへ戻る