ホーム/探偵のお仕事BLOG/出会い工作事例/友達関係からの脱却~出会い・お付き合い|出会い工作(3)
探偵のお仕事ブログ

友達関係からの脱却~出会い・お付き合い|出会い工作(3)

しばらく彼と直接会っていなかった水野さん。

彼の様子を担当員の報告で聞くと

「うんうん・・昔と全然変ってないみたい・・。」と

学生時代の彼と重ね合わせて思い出しているようであった。

電話やメール等では現在でも連絡は取っているものの

頻度も月に1度ほど、こちらからメールを送っても

仕事が忙しいようで、すぐに返信は帰って来ない。

あまりしつこく返信を求めると嫌われてしまいそうなので

彼にメールを1通送った後は、携帯電話をカバンの奥の方に

しまい、意識しないようにするのが習慣となってしまった水野さん。

担当員の報告を受けて、本当はすぐにでも

会いに行きたい所を、グッと堪えているようである。

さて、今回彼に接触を行なう工作員は

MIKIOさん31才 京都出身 元モデル 元アパレルのやり手バイヤー

一見、遊んでいそうな雰囲気だが実際に話をすると

話題の幅が広く、低音でゆっくりと諭すように話をする

聞き上手、聞き出し上手なスタッフである。

さて対象者である柴田さんは商社勤めだけあって

帰る時間はまちまち、深夜になり電車がなくなると

タクシーで帰宅するという忙しさである。

でも日課なのか帰宅すると必ず、寮の前を掃き掃除したのち

近所の公園までジョギングをするという非常にタフな生活を

送っていた。

接触するポイントとして幾つか挙げられたが

まず最初の接触(きっかけ)は出勤時の電車内で行う事となる。

午前7:05 柴田さんが寮を出て、駅方向へ颯爽と歩いていく。

午前7:12 最寄の駅に到着、上り方面行き電車が来るホームへ上がっていく。

午前7:18 柴田さんが電車に乗り込む(いつも同じ車両)。

        隣の入り口より工作員MIKIOさんも電車に乗り込む。

        ジーッと車内の路線図を睨み続けるMIKIOさん・・・

        近くにいた柴田さんに恐縮しながらお得意の関西弁で声をかける。

        「あのースイマセン、この電車は千葉駅に行きますか?」

        柴田さんは明快に「ハイ、止まります。」

        「ありがとうございます、昨日大阪から来たんですけど電車が多くて

        さっぱりわからなくなってしまいまして・・。」などの話をする。

MIKIOさんに負けず劣らずの聞き上手な柴田さんは、絶妙なタイミングで相槌を打ち

会話のキャッチボールが始まる。

電車に乗っていたのはたった15分ほどであるが、降りる頃にはすっかり打ち解けている二人。

去り際には、どちらからともなく名刺を手にしていた。

名刺の交換をした後、柴田さんはニコヤカな笑顔で電車を降りていく。

工作員のMIKIOさんは久しぶりに見た好青年にテンションが

上がっていた。

ここまでスムーズに会話が成立する事に、近くで見ていた

調査員達も驚いていたが、水野さんに報告をすると学生時代から

社交的で、誰とでも仲良くなれる人なので、朝の接触の展開には

納得されていた。

まずは水野さんに対しての気持ちを聞きださなくてはならない。

これから接触を重ね、柴田さんとMIKIOさんとの親密度を上げていく

作業へと入っていくのであった。

次回、友達関係からの脱却~出会い・お付き合い(4)へ続く・・。

<<    >>
トップへ戻る