ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/バツイチ同士のお付き合い・彼に別の女ができた|別れさせ屋①
探偵のお仕事ブログ

バツイチ同士のお付き合い・彼に別の女ができた|別れさせ屋①

ようやく厳しい寒さが収まり、桜の開花もあちこちで聞かれるような

季節になってまいりました。

この時期は卒業や入学、人事異動に季節になりますので

それに伴ってご依頼の数が増える傾向にございます。

熟年離婚が増える昨今、離婚歴をお持ちの二人の恋愛相談や

抱えている問題を解決したいというご相談が増えております。

今回ご紹介させて頂くのはバツイチ同士のお二人のお話です。

木村やすこさん(仮名・47才・バツイチ・成人されたお子さん有り・医療事務)

という女性のお客様が弊社に訪れたのは、ちょうど桜の蕾が膨らみかけた

今頃の時期でした。

これまでにもお電話でのご相談を何度かされていた木村さんでしたが

ご自身の力ではどうする事もできないという結論に達してご来社されたのでした。

木村さんは息子さんが中学生の時に15年連れ添ったご主人の浮気が原因で離婚が成立。

その後、女手一つで息子さんを育ててきました。

成人式を終えた息子さんから、「俺のことはもう大丈夫だから、お母さんも幸せになりなよ。」という

言葉をもらい、同じ職場のバツイチの男性と交際を開始しました。

その男性とは数年前にお互いの離婚を相談し合った事をきっかけに

関係が親密になったが、木村さんは息子さんが成人するまでは・・という

覚悟を持っていたので、交際には発展していなかった。

その彼と交際を始めて1年が過ぎた頃、彼の様子がおかしい事に気が付いたのです。

これまで携帯電話にロックをかけることもなく、どこにでも置いておくような彼だったのに

携帯電話をロックして、トイレやお風呂にまで携帯電話を持ち込むようになったのである。

彼にその事について問い詰めると、「携帯のゲームをやっているだけだ。ロックは携帯電話を

落とした時に個人情報が漏れてしまうのを防ぐ為の手段。」と答えるのみだった。

彼と会うのは1週間のうち週末の2日間。

平日は同じ職場なのでほぼ毎日のように顔を合わせている状態である。

木村さんの離婚原因がご主人の浮気が原因だということも彼は知っているので

彼の事を疑いたくはなかったが、明らかに彼の様子が変わったことに

不安を感じる日々を送っていた。

そんなある日、彼が仕事終わりに知らない女性と二人で食事をしている姿を見かけてしまったのである。

普段は仕事が終わっても1時間ほどは職場にいて、同僚と話している事が多かったのに

この日に限っては、終業時間と共に勤務先を出ていってしまったのである。

木村さんはおかしいと思い、彼を尾行してみたのである。

職場から電車を乗り継ぎ、繁華街の駅で降りた彼。

自宅とは反対方向の駅である。

ちなみにこの日彼は木村さんには「学校の先輩男性と飲みに行く。」と言っていた。

そんな彼と合流したのは30代ぐらいの女性だった。

その女性は会うなり、彼にくっつき、彼も彼女の肩を抱くようにしながら

歩いて行ったのである。

二人は居酒屋に入り、2時間ほど出てこなかった。

彼には元嫁との間に娘さんがいた事は知っていたが

元嫁は彼より年上だし、娘さんはまだ中学生なので、この女性ではないはずである。

彼と彼女は居酒屋を出てタクシーに乗ってしまったので、その後の行動はわからないが

疑念が確信に変わってしまった木村さんは彼との別れを決意する。

彼を見失った瞬間に、「かわいい女性と一緒にいるね。さようなら。」という

メールを彼に送ったのである。

その日、彼から返信はなかった。

翌日職場で彼と顔を合わせたが、彼は特に昨日のことを弁明しようとしないで

その日の仕事を終えた。

その週の週末、彼から話があるという連絡が入った。

直接会って話をする事になった。

「彼女は携帯ゲームで知り合った女性で、段々惹かれつつある。君の離婚原因は

ご主人の浮気だったから、俺も浮気をするつもりはない。だから今のところ

その女性と深い関係にはなっていない。でも自分の気持ちに嘘をつくことはできないから

これからもその女性と会うと思う。君のことも大事に思っているけど、その思いと

彼女への気持ちは両立できないから、別れてもらってもいいと思っている。」と

話してきたのである。

彼の言葉を信用するのであれば、この時点では浮気はしていないのだろう。

でも時間の問題なのだろう。

彼は私が別れという選択をしなければ、両方とうまく付きあっていきたいと

言っているのだ。

木村さんは怒りを何とか抑えて「じゃあ別れましょう。」と言って

その場を去った。

しかし、どうしても彼の事を許せなかった。

これからも毎日のように職場で顔を合わせなければいけない環境も考え、

何とか彼と彼女を別れさせたいという気持ちが強くなったのである。

今のところ彼と復縁したいという気持ちは少ししかない。

そんな時に別れさせ屋ミッションエージェントのホームページを見つけて

相談するようになったのである。

早速彼の情報を頂き、調査着手となる。

まずは対象女性の所在を判明させなければならない。

次回、バツイチ同士のお付き合い|別れさせ屋工作②へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る