ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/彼女と復縁する為の別れさせ屋工作④
探偵のお仕事ブログ

彼女と復縁する為の別れさせ屋工作④

 依頼人島田さんの禁煙生活は1か月半となった。

ずいぶんと楽になったものの、口元が寂しくて甘いものを食べ続けたので

5キロほど太ってしまったようであるが、フィットネスジムに通い始めて

筋肉質な体へと変身途中である。

島田さんの彼女さんは細身でスラッとしたモデル体型である。

一方、別れさせ屋工作員KIMIさんはグラビアを飾れるようなメリハリのあるボディを

持ったスタッフである。

出身地も同じであるのも手伝って、KIMIさんと対象男性加藤氏とのLINEのやり取りは

毎日行われていた。

最初は紳士的にふるまっていた加藤氏も、段々と彼氏はいるのか?

良かったらKIMIさんの画像を送って欲しいなどと、本性が出てきていた。

KIMIさんもできる限り返信していき、加藤氏のKIMIさんに対しての興味は

どんどん膨らんでいったのである。

LINEのやり取りを始めて1週間が過ぎたころ、食事やお酒の話となり

近々、飲みに行きましょうという話がようやくまとまった。

そして当日・・・。

18時半に都内某駅前で待ち合わせ。

加藤氏は少し早めに到着していて、ウロウロしているのを確認している。

18時半ちょうどにKIMIさんが待ち合わせ場所に到着。

予約してあった、居酒屋に向かう。

おしゃれなバリ風の居酒屋に二人は入店。

アジアンテイストの食事を楽しみながら、お酒を飲む二人。

さり気なく、KIMIさんはボディタッチをしながら加藤氏の話を

楽しそうに聞いていた。

「そう言えば加藤さんは彼女さんとかいないんですか?

かっこいいから絶対いますよね~。」と加藤氏の太ももをポンポンと

軽く叩きながら、質問するKIMIさん。

一瞬つまる加藤氏。

「・・・うん・・まぁ・・たまに遊ぶ子はいるけど・・・。」と

歯切れの悪い加藤氏。

「えっ?じゃあ彼女さんいないんですか?」と言いながら

加藤氏に見せるように小さくガッツポーズをするKIMIさんはあざといスタッフである。

それを見た加藤氏は「うん、決まった彼女なんかいないよ~。」といないという設定にしようと

決めたようである。

「私・・嘘つく人イヤですからね~。」と言いながら加藤氏にもたれかかるKIMIさん。

「嘘なんか言うわけないじゃん。」と上ずった声で言いながら、KIMIさんの頭をなでる加藤氏。

そんな話を2時間ほどしてお店を出る二人。

加藤氏はこの後俺の家で飲みなおそうとしきりに誘ってくるが、

KIMIさんは「今日はだーめー。」とかわいく返して、二人は離れる。

どうやら加藤氏はチョロそうな対象者である。

この日の報告を島田さんに行い、今後の最終的な打ち合わせを行う事とする。

次回、彼女と復縁する為の別れさせ屋工作⑤へ続く。

<<    >>
トップへ戻る