ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/絶対に別れさせたい・・突然別れを切り出す彼(1)|別れさせ屋
探偵のお仕事ブログ

絶対に別れさせたい・・突然別れを切り出す彼(1)|別れさせ屋

彼から何の前触れもなく、急に別れ話を

切り出されました・・・。

しかも別れの理由の意味がわからない。

君は悪くないけど、このまま付き合いを続けていると

オレがダメになっちゃうから・・。

最近彼の行動を不審に思っていた矢先の

この別れ話・・。

今回ご相談頂いたのは埼玉県にお住いの

水野千春(仮名)さん28才、都内の広告代理店で

勤務されているOLさんです。

別れ話の時にずばり「他に女が出来たんでしょ?」と

聞くと、「それは絶対にない!これは自分自身の問題だから・・」

と認めない彼。

ちなみに彼は同じ広告代理店に勤務する

吉野 進さん(仮名)30才の営業マンである。

特に女性にモテるタイプではないが

営業職のせいか、どの人に対してもマメなアプローチを

欠かさない性格が職場では評判がいい。

この別れ話の後に、同僚から「吉野君がこの前、○○社の受付の女の子と

イチャイチャしてたよ。」という話が水野さんの耳に入り

今回のご依頼の決心となった。

水野さんの本心は、出来れば復縁したいけど

とにかく二人を別れさせたい、私ばかりが

こんな気持ちになり続けているのが許せない。

という事だった。

誰にも悩みを打ち明けられずに、悔しい日々を

送ってこられていたのか、ご来社頂いた瞬間の

水野さんの表情はすごく強張っていた。

相談員と話を進めていくにつれ、

話ができた事の安堵感からなのか

段々と表情が柔らかくなっていく。

ご依頼を受け、まずは○○社の受付嬢の

自宅住所を特定する調査から開始。

夕方18時15分、制服から派手な私服に着替えた

対象者小林有美(仮名)24才は会社を出ると

まっすぐ最寄り駅に向かい、電車で20分ほどの

駅で下車。

駅前のコンビニでお菓子など買った後、

徒歩3分ほどの所にある大きなお屋敷に入っていく。

お嬢様と言われていそうな雰囲気のお家である。

表札は「小林」・・その後何日間か調査をするが

毎回この家に帰ってくるので、どうやら実家に住んでいる様子。

この家から高級車で出入りする年配男性、女性

と弟らしき制服を着た高校生を確認。

どうやら4人家族のようである。

ここまでの報告を水野さんに済ませると

セレブな彼女の様子に心が折れそうになっている

様子である。

別れた当時より随分と気持ちを持ち直してきた

水野さんの決意は変わらず、職場で見かける

彼(吉野氏)の明るい表情も相まって許せないという気持ちが

日に日に強くなっているとの事であった。

さっそく接触を開始いたします。

次回、絶対に別れさせたい・・突然別れを切り出す彼(2)に続く・・・。

<<    >>
トップへ戻る