ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/彼を返して!・・・元婚約者と新彼女を別れさせたい(1)
探偵のお仕事ブログ

彼を返して!・・・元婚約者と新彼女を別れさせたい(1)

一年で最も寒い今の時期・・・。

この時期が来ると必ず思い出す案件が

私にはあります。

今から2年ほど前の2月中旬・・。

一通のお問い合わせメールが総合探偵社ミッションエージェントに

届いた。

「別れさせたい・・。」の一文のみのメールの内容であった。

宮城県の30代女性からのお問い合わせという事は

わかるが、一文のみのメールの内容に、根の深い問題が

潜んでいる事を私は感じていた。

さっそく、記載されているアドレスに「どういったお二人を別れさせたいのですか?」

というような内容の返信をする。

トゥルルルル・・・

返信して30秒も経たないうちに、会社の電話が鳴った。

「もしもし・・もしもーし」と私は電話に出るが、受話器からは

息遣いしか聞こえない。

いたずら電話かと思い、受話器を置こうとした瞬間

「もしもし・・・」と女性の声が聞こえてきた。

「はい、もしもし聞こえますよ、どういったご相談ですか?」

「さきほど、メールをお送りしました宮城県の大島と申します。」

意を決したかのように、力強い口調で話し始める大島さん。

「すいません、別れさせたいだけではわかりませんよね・・・。

5年付き合って結婚の約束をしていた彼がいたんですけど

昨日いきなり別れ話をされたんです。

なんで?なんで?って何度も理由を彼に聞いたんですけど

なかなか言ってくれなくて・・。最後はキレた様に

とにかく気持ちがなくなったから別れてほしいって言われました。

もちろん私は納得できなかったし、お互いの親御さんにも挨拶を

するぐらいの関係でしたから、電話で終わりにしようなんて

考えられませんでした。とにかく会って話をしようという事になって

今日彼と会ってきたんです。話の途中、彼は泣きながら自分が悪いんだ

君は悪くない、これ以上ボクなんかと付き合っていちゃダメだよ。

と意味不明なことを言っていましたが、問い詰めてみると好きな女性が

出来てしまったっていう事が最大の別れの原因みたいなんです。

相手の女性の情報は全くわかりません・・でも・・・・・どうしても別れさせたいんです。

私のお腹には赤ちゃんがいるんです・・。お腹の赤ちゃんの為にも

別れさせて、彼とやり直したいんです・・。」

という内容であった。

時折、声が詰まって話が中断する事はあったが

大島さんの悩みの深さは充分伝わってきたのであった。

さっそく、相談員が仙台オフィスでご面談させて頂き

調査スケジュールを組む事となる。

次回、彼を返して!・・・元婚約者と新彼女を別れさせたい(2)へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る