ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/意地を張って後悔してます~復縁の為の別れさせ屋工作(2)
探偵のお仕事ブログ

意地を張って後悔してます~復縁の為の別れさせ屋工作(2)

まずは彼が思いを寄せている女性の所在を

判明させなければならない。

ここで彼をご紹介します。

杉村 道男さん(29歳・仮名) 依頼者である菅原さんと同じ勤務先である

運送会社の経理で主任という肩書きの男性である。

社交的で人付き合いもうまく、女性社員からも人気があるらしい。

土日がお休みの彼の行動を金曜日の仕事終わりから

尾行をはじめて、女性との接触を待つ事となる。

彼の自宅は埼玉県との県境にある東京都北区である。

自宅から車で通勤をしているので、通常であれば会社を出た彼の車は

東京方向に向かうであろう。

19:03 杉村氏が自己所有のステーションワゴンに乗って

     勤務先駐車場より出てくる。車内は杉村氏一人である。

19:11 勤務先近くのインターチェンジより首都高速に入っていく。

     調査員たちは、今日女性対象者と会うと確信する。

19:45 東京方向に向かった彼の車が着いた場所は池袋、弊社の本社がある町である。

19:50 池袋駅から少し離れたパーキングに車を駐車。

     携帯電話で話をしながら車を降りる杉村氏。

19:58 池袋駅東口に着いた杉村氏は、少しキョロキョロあたりを見回す。

     一人の女性が杉村氏に近付いて話しかける。

     会った瞬間から手をつないで歩く二人。

     5分ほど歩いたところにある和食のお店に入る。

20:11 調査員も店内に入り、対象者たちの席近くに座る。

     二人の会話の内容が時折笑い声とあわせて聞こえてくる。

     内容としては

     ・来月一緒に行く温泉旅行の予約の話。

     ・女性が友達に合コンに誘われたが杉村氏との交際が始まったため

      ちゃんと断ったよという話。

     ・女性の方は明日も仕事があるという話。

     ・立ち仕事で、池袋にあるデパートに勤務しているらしい。

     などなどが会話の中から聞き出せた。

21:45 お店から出た二人は駅近くにあるホテルに入っていく。

23:58 二人がホテルから出て腕を組みながら杉村氏の車が停まっている

     駐車場に向かう。

     二人は車に乗り込み出発。

24:23 都内某所の住宅街で彼女を車から降ろし

     杉村氏は走り去る。

     彼女は3階建ての戸建て住宅に入っていく。

     そうやら実家らしい。

     表札は「森田」(仮名)

その後の調査で彼女の状況がおぼろげながらわかってきた。

対象女性は森田美樹さん(26才)

池袋にある某デパートの男性カジュアルファッションのお店に勤務。

お休みは交代制である。

実家には両親と兄、父方の祖母と同居をしている。

朝は10時ぐらいに自宅を出て勤務先に向かい

帰りは20時ぐらいに勤務先を出てくるというパターンと

朝8時半ぐらいに自宅を出て勤務先に向かい

帰りが18時半というパターンがある事がわかった。

さっそくこれまでの経緯を菅原さんにご報告する。

既に深い関係になってしまっている二人の様子を聞いて

涙ぐむ場面もあったが、最初にご相談にいらっしゃった時より

だいぶ笑顔が自然になってきたように思われる。

次回より接触活動に入る事となる。

次回、意地を張って後悔してます~復縁の為の別れさせ屋工作(3)へ・・続く。

<<    >>
トップへ戻る