ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/意地を張って後悔してます~復縁の為の別れさせ屋(4)
探偵のお仕事ブログ

意地を張って後悔してます~復縁の為の別れさせ屋(4)

初めての接触から3週間・・・

RINさんと森田さんは、何度もショッピングや

お酒を飲む事によってすっかり仲の良い友達となっていた。

RINさんと森田さんは行きつけとなっていた

あるBARで、いつものようにお酒を飲んでいた。

森田さんの仕事の愚痴を聞いてあげているRINさん。

その時、BARの入り口から男性が2名入店して

キョロキョロと店内を見回している。

1人の男性がRINさんを見つけ、「あ、ここにいたんだ、探しちゃったよ。」と

RINさんに話しかけてくる。

森田さんは、その男性が着ているポロシャツが

自分の店でRINさんが買ったものだという事に

すぐに気が付き、「はじめまして森田です、よくお似合いですね」

と挨拶をしてくる。

今回用意した工作員は、RINさんの彼氏役工作員

JOEさん32才 182センチ 元モデル

彼氏の友達役工作員、HIROさん29才

187センチ 元モデル の2名である。

雑誌の1ページを見ているようなモデルさん3人は

BARの店内でも際立っていた。

森田さんはその中にいる自分に酔っている様子である。

その後、4人で楽しくお酒を飲み、トイレに立った森田さんと

こっそりとHIROさんは連絡先の交換を済ませる。

BARを出た4人はそこで別れ、RINさんとJOEさん

森田さんとHIROさんで別々に帰る事になる。

「HIROさんはもてるでしょうね?やっぱりモデルさんだから

相当遊んでるんでしょ・・」と話しかける森田さん。

「それが全然・・・仕事場と家との往復しかないから

出会いも無いしね。森田さんこそもてるでしょ?彼氏はいないの?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一応彼氏っぽい人はいる事はいるけど・・

あまり会ってないし・・。」

その反応でHIROさんは脈ありという自信を深める。

何故なら、飲み会の前日に彼氏である杉村さんと森田さんは

デートをしていた上での発言だったからである。

「じゃあ、今度は二人でどこかに遊びに行こうよ、森田さんが

イヤじゃなかったらだけど・・。」

「イヤなんて・・絶対に行きます。」

と言いながらHIROさんに寄り添う森田さん。

HIROさんは森田さんのおでこにキスをしてタクシーを拾う。

「じゃあね、明日お仕事終わる頃に迎えに行ってもいい?」と

HIROさんが聞くと「わかりました、じゃあまた明日ね」と

言いながらタクシーに乗り込む森田さん。

その後、森田さんとHIROさんのデートは何回も行なわれた。

それと比例するかのように杉村さんと会う頻度はほぼゼロに

なっていくのであった。

社内での杉村さんの様子の変化に菅原さんはすぐに

気が付いていた。

そろそろ最終的な工作を行なう時期でしょうと

担当員は菅原さんに告げる。

次回、意地を張って後悔してます~復縁の為の別れさせ屋工作(5)・・へ続く。

<<    >>
トップへ戻る