ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/主人を返して下さい~不倫相手との別れさせ屋(2)
探偵のお仕事ブログ

主人を返して下さい~不倫相手との別れさせ屋(2)

さっそくご主人の行動を調査する事となる。

ご主人のプロフィール

大澤義之さん(仮名38才)

都内にある某大手不動産会社に勤続15年の課長さんである。

朝は決まったようにAM9:20に出社する義之さん。

不動産会社なので会社建物からの社員の出入りは

多いが、ご主人は営業職にもかかわらずお昼休みまでは

会社建物からは出てくる様子はなかった。

11:57 義之さんは部下らしき若い男性社員2名を連れて

会社社員通用口より出てくる。

お昼休みだけあって近隣の会社からも続々と人が出てくる。

12:01会社からすぐのところにあるラーメン店に3名は入店。

調査員も続いてお客として入店し、会話が聞こえる位置に座る。

店内での3名の会話はあまりなく、店内に設置されている

テレビのバラエティー番組を笑いながら見ている状況であった。

12:20食事を終えた3人は店内が混んできたので

会計を済ませ、会社方向に戻る。

12:23若手社員は社内に戻るが、義之さんは会社建物裏手にある

喫煙スペースにて文庫本の小説を読む姿を確認。

12:45本をしまい、社内に戻る。

その後しばらく会社から出てくる様子がない。

16:11勤務先よりご主人がかばんを持って出てくる。

会社近くの駅から地下鉄に乗るようである。

16:28銀座にて地下鉄を下車し、喫茶店に入る。

店内には先に取引相手と見られるスーツ姿の男性2名が

待っていて、義之さんが席に向かい名刺交換を行なう。

その後、1時間半ほどの商談が行なわれ

義之さんは再び会社へと戻るのであった。

20:48勤務先より義之さんが一人で出てくる。

地下鉄に乗り込み自宅とは反対の千葉方面へ向かう。

JR千葉駅に下車した義之さんは、駅前のロータリーで

タクシーに乗りこむ。

タクシー内では誰かと携帯電話で話している後姿を確認。

その後15分ぐらい走ったところにあるコンビニの駐車場にてタクシーを下車。

コンビニでビールやおつまみなどを買い込む姿を確認。

レジで会計している所で、グレーのスウェット上下を着た

20代後半の女性がコンビニ店内に入店。

会計が終わった義之さんと合流。

二人でコンビニ袋を分け合って持ちながら住宅街を歩いていく。

コンビニから200mほど歩いて、この女性の自宅らしきマンションに

二人は入っていく。部屋は2階の端の部屋であるため、

マンション1階からも出入りを確認できる。

その後、朝までマンションから出てくる様子がない。

翌日朝7:10に対象者2名がマンションを出てくるのを確認。

その後の調べによって、その女性は松永由紀(仮名・29才)の

自宅マンションと判明する。

また松永氏は義之さんが勤務する会社の取引先である

建設会社に勤務する女性であった。

依頼者であり奥様である大澤さんに調査の報告を

すると「やっぱり・・・」と言ったきり言葉を発しないほどの

衝撃を受けたようであった。

今度は松永氏の行動を追う事前調査を行なうべく

スケジュールを組む事となった。

次回、主人を返して下さい~不倫相手との別れさせ屋工作(3)へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る