ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/主人を返して下さい~不倫相手との別れさせ屋工作(4)
探偵のお仕事ブログ

主人を返して下さい~不倫相手との別れさせ屋工作(4)

いよいよ松永氏に対しての接触活動に入る。

担当員や調査スタッフで協議を行い

最初の接触をランチタイムに行うこととなった。

松永氏は必ず同僚女性2人を連れてランチに出かけるが

ランチタイム中の会話はお昼休み終了ギリギリまで恋愛話である。

誰々がカッコいい、あの人とこの人が付き合っているなどの会話が

永遠繰り返されるランチタイムは、警戒心が一番低いポイントと判断したのである。

今回スタンバイした工作員は3名

女性工作員1名MIKU。

男性工作員2名

KOU(29才・183センチ・細身・元プロダンサー・モデル)

RIKU(27才・186センチ・細身・元劇団員・モデル)である。

11:56 松永氏と同僚女性2名が会社を出て、

行きつけであるイタリアンレストランに入り、日替わりランチを注文する。

12:01MIKU・KOU・RIKUの3名の工作員がレストランに入る。

同僚女性の一人がレストランに入ってきた長身の男性工作員2名を

目ざとく見つけ、松永氏と同僚女性に知らせる。

松永氏のテーブルでは早くも日替わりランチが並ぶが

食事そっちのけで、ヒソヒソと男性工作員品評会が始まっているようである。

時折、「なに、あの女・・」「左のほうがかっこよくない・・?」「私は右のほうがいい・・」などの

会話が聞こえてくる。

別テーブルで調査員が会話を聞いていると

肝心の松永氏はKOU氏が好みのタイプのようであった。

お昼休みの終盤になると、女性工作員MIKUさんに対しての

悪口大会となり、松永氏のテーブルは大いに盛り上がっている。

ランチタイム中に必ず2回はトイレにいく松永氏。

2回目のトイレの時にKOUさんもトイレに向かう。

その際に「このお店、初めて来ましたけどおいしいですね」と

KOUさんが話しかけると、松永氏はさっきまでの悪口大会の

表情と180度違う、飛びっきりの笑顔で「そうなんですよ、私なんかほぼ毎日来てます。」

と対応してくる。

お昼休みを終えて松永氏一行はKOUさんに会釈したのち

個別会計を終えて会社へと戻っていく。

工作員3名もお店をあとにする。

18:15松永氏と同僚女性1名が勤務先を出て駅へと向かう。

18:17駅に着いた松永氏と同僚女性はホームにいた

KOU・RIKUの存在に気が付きヒソヒソ話をしている。

「今日、レストラン〇〇にいた人ですよね?」と

松永氏がKOUさんに話しかけてくる。

4人はホームに入ってきた電車に乗り込み

お互いの簡単な自己紹介を行なう。

同僚女性と工作員RIKUさんは東京駅で下車し

KOUさんと松永氏が電車内に残る。

車内での会話は盛り上がり、電車が千葉県に入る頃には

メールアドレスの交換と飲み会の約束まで済んでいた。

幕張駅でKOUさんは電車を降り、車内に残った

松永氏をホームで見送る。

電車が見えなくなったところで、KOUさんは

松永氏に「週末の飲み会、楽しみにしています」という

メールを送るとすぐに「こちらこそ楽しみにしてまーす」という

返信がくる。

そして週末の飲み会で急展開を迎えるのであった・・・。

次回、主人を返して下さい~不倫相手との別れさせ屋工作(5)へ・・・続く。

<<    >>
トップへ戻る