ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/自分だけを見ていてほしい~二股解消の別れさせ屋 2
探偵のお仕事ブログ

自分だけを見ていてほしい~二股解消の別れさせ屋 2

年々携帯ゲームサイトから出会い、交際を始めるケースが

増えてきております。

ゲームサイトの為仮想空間となり、個人を特定する情報が

少ない状況が多いと言えます。

今回のケースの場合、彼女さんが対象男性と会う日の

行動を追って、彼の所在を判明させていかなければなりません。

彼女さんが、対象男性と会うのは2週間に一度のペースとなるが

依頼人の木村さんは彼女さんの携帯電話をこっそり見る機会が

あった為、次に会う日時や待ち合わせ場所は把握できる状態にあった。

そして彼女さんが彼に会う日に調査スケジュールを

組む事となった。

彼女さんは、高木景子さん(仮名・32才・大阪市内で派遣社員)

朝10時過ぎ、景子さんはいつもよりおしゃれな格好で

自宅を出て、最寄り駅へ向かう。

最寄り駅から地下鉄を乗り継ぎ、梅田駅に到着。

改札口付近にて、携帯でメールを打つ景子さんを確認。

景子さんが梅田駅に到着して3分後、スーツ姿の

対象男性が現れる。

男性は慣れたように、景子さんの腰に手を回し

二人は恋人同士にしか見えない。

パッと見て男性は30代後半で、ガッチリとした色黒

少し長めの髪型からワイルドな印象のタイプである。

二人は駅近くの映画館に入り、アクション物の映画を見たあとに

近くのレストランに入って、食事をする。

景子さんの表情は常に明るかったが、時折携帯電話を

開き、メールを打っている様子であった。

調査後に木村さんに確認したところ、「今日は妹と買い物に来ています。」

というメールが入っていたとのことでした。

景子さんがメールを打っている間、彼は無表情で

その様子を見ていたことから、景子さんに彼氏がいることは

知っているのではないかと推察される。

さて食事が終わった二人は、駅前からタクシーに乗り

15分ほど走ったところにあるシティホテル前にて下車。

手をつないでホテル内に入っていく。

フロントでチェックインを済ませて、エレベーターに乗り込む。

7階にてエレベーターをおり、部屋に入っていく。

3時間後・・・。対象者2名が部屋を出てフロントにて

チェックアウトをする。

再びタクシーに乗って、梅田駅にて二人は下車。

駅前で軽いハグとキスをして、二人は別れる。

対象男性は景子さんが地下鉄駅構内に消えると

JRの駅に向かい、電車に乗り込む。

彼が電車をおりたのは京都であった。

駅前にてタクシーに乗って7分ほどのところにある

マンションに入っていく。

その後の調査で、対象男性は

大澤義男(仮名・37歳・バツイチ・某学習塾講師)ということが

判明した。

今度は大澤氏の行動を追って、接触ポイントを見つけるための

事前調査を行う事となる。

次回、自分だけを見ていてほしい~(二股解消の別れさせ屋工作)【3】へ・・・続く

<<    >>
トップへ戻る