ホーム/探偵のお仕事BLOG/別れさせ屋工作事例:別れさせたい/自分だけを見ていてほしい~二股解消の別れさせ屋 5
探偵のお仕事ブログ

自分だけを見ていてほしい~二股解消の別れさせ屋 5

大澤氏と工作員SAEさんは

「付き合っている」という関係と言っても

おかしくないほどの頻度で連絡を取りあっている。

おはようから始まり、お休みなさいまで

1日平均20通のメールと電話が送信されてくるのであった。

依頼者である木村さんは、その状況に安堵した

様子であったが、現在でも時折彼女さんがメールのやり取りを

しているので、不安感が完全に消えるまでには至っていない。

彼女さんと大澤氏の関係を完全に断つためには

大澤氏が彼女さんではなく、SAEさんとの関係を

大事に思っているということを彼女さんに知らしめなければならないのである。

・・・それから1週間ほどたったある日、

木村さんから彼女さんと大澤氏が会うという情報を入手した。

大澤氏はSAEさんに対しての連絡は増す一方にもかかわらず

彼女さんに対してのアプローチも同時進行で行っていたのであった。

さっそくSAEさんのスケジュールを押さえ、彼女さんと大澤氏が

デートをする日の行動を追う事となるのであった。

次回、自分だけを見ていてほしい~(二股解消の別れさせ屋工作)【6】へ・・・続く

<<    >>
トップへ戻る